シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倉庫とトランクルームの違いは何?気軽に借りて便利なのはどっち?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荷物を保管する場合、様々な場所や施設が考えられる。

その中で似たイメージを持たれているのが、トランクルームと倉庫である。

名前を聞いただけでは分かり辛いかもしれないが、両者は似ているように思えても実は色んな部分で異なっているのだ。

では一体どのように違うのだろうか?

比較してみたので、どちらを利用するか選択に迷った際の参考にしていただきたい。

倉庫とトランクルームの役割とは?

倉庫

ここでいう倉庫とは一般的に営業倉庫のことを指し、商品や荷物を有料で保管したり、貯蔵する施設のことである。

法人だけでなく、個人でも利用されるケースもある。

倉庫業法では次のように定められている。

この法律で「倉庫」とは、物品の滅失若しくは損傷を防止するための工作物又は物品の滅失若しくは損傷を防止するための工作を施した土地若しくは水面であつて、物品の保管の用に供するものをいう。

引用元:http://elaws.egov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/
detail?lawId=331AC0000000121

保管するのは工場で生産した商品であったりや輸入された荷物など様々だ。

入荷した荷物や商品は、販売店に配送されるまでの間だけ限定で保管されることになる。

さらに中継点としての役割も担っているが、いずれの場合も一時保管が目的である。

また、荷物を保管するだけでなく、何を、どれ位、いつ出庫するかまで管理されており、仕分けや輸送といった業務もおこなう。

トランクルーム

トランクルームは個人や法人の荷物を保管するための貸スペースであり倉庫の一つと言える。

自宅や会社の収納場所が不足している時に利用されることが多い。

倉庫業法での定義は次の通りだ。

この法律で「トランクルーム」とは、その全部又は一部を寄託を受けた個人(事業として又は事業のために寄託契約の当事者となる場合におけるものを除く。以下「消費者」という。)の物品の保管の用に供する倉庫をいう。

引用元:http://elaws.egov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/
detail?lawId=331AC0000000121#C

本来この呼び名は国土交通省の認定が済んでいる業者が使えるものだ。

しかし、現実には不動産業者が提供している”レンタル収納スペース”もトランクルームと同様に扱われることが多い。

自宅にある荷物から会社の書類や商品に至るまで幅広く利用され、物置や倉庫の代わりとして一躍買っている。

倉庫とトランクルームの違いを比較

保管環境

倉庫とトランクルームの保管環境で異なる点がある。

どちらも荷物を保管するのは同じでも、収納スペースの仕様が違うと考えておこう。

倉庫は比較的規模の大きな建物全体が一つのスペースになっている。扱う荷物が大きく量も多くなるため仕切られてはいない。

これに対して、トランクルームは最初から各収納スペースが仕切られている。

もちろん建物全体がトランクルームとなっているケースもある。

本来はプライベート空間として利用されているためで、利用者毎に1区画ずつ割り当てられている。

空調についてはどちらも完備されている施設が増えてきたが、まだ全部とは言えない。

  • 倉庫は一つの大きな収納スペース
  • トランクルームは個々に分けている

利用料金

料金体制はどちらの場合も会社による違いが見られる。

荷物の大きさや量、収納スペースの広さなどによって決定されるので簡単に比較はできない。

支払い方法はトランクルームで月極の料金体制が圧倒的に多いが、日割りで対応可能な会社も増えつつある。

これに対して倉庫の場合は日割りはなく、1ヶ月毎あるいは3期制の場合が多い。

3期制とは1ヶ月を1日~10日、11日~20日、21日~末日の3つに分けて、それぞれの料金の合計を1ヶ月分として徴収する方法である。

  • 倉庫の料金体系は1ヶ月や3期制がある
  • トランクルームは日割りが月極が多い

サービス

サービスの違いとして倉庫は物品を預かるのが目的であるが、トランクルームは保管スペースを貸すことである。

基本的に荷物の出し入れまでおこなうのが倉庫で、トランクルームは利用者自身がおこなうタイプと集配までやってくれるタイプに分かれている。

利用者自身がおこなうタイプは、24時間利用可能な施設が多い。

年中無休のため、いつでも都合の良い時に出し入れが可能だ。

荷物の引き取りや配送、管理は倉庫とトランクルームのどちらでも対応が可能になっているが、すべてではない。

  • 倉庫は荷物を預かる有料サービスである
  • トランクルームはスペースを貸すのが本業

セキュリティ

倉庫、トランクルーム共にセキュリティー対策は充実してきてたと言える。

しかし残念ながら、まだ完全な状態ではないのが現状である。

具体的な対策としては、セキュリティー会社との提携、カメラやセンサーといった防犯設備の設置がおこなわれている。

そして万が一の際は警備員が現場に駆け付けるシステムだ。

トランクルームでは入館時にカードキーや暗証番号を併用するなどして、2重のロックで強化しているところもある。

しかし、屋外型のトランクルームでは施錠のみのケースが多く、まだまだ改善の余地がありそうだ。

  • セキュリティー会社と提携して防犯対策
  • 対策が進行中だがすべての施設ではない

立地

立地環境はそれぞれに特徴が見られる。

しかしほぼ対照的と言えるほどの違いがある。

倉庫は輸送や移動といった物流が大切になるばかりでなく取り扱う荷物も多い。

したがって立地もこれらのことを考えて、高速道路や鉄道の利用といった輸送面も重要視されている。

さらに安い地価で広い土地が必要になるため、建設場所は郊外や流通団地などに限られてしまう。

これに対してトランクルームは、利用者にとって利便性の良い生活道路沿いや交通量が多い場所に集中ている。

特に駅の近くは利用が便利になるので好まれる傾向がある。

  • 倉庫は郊外や流通団地に多い傾向がある
  • トランクルームは駅近や生活道路沿い

倉庫とトランクルームのどちらを使う?

あなたは倉庫とトランクルームのどちらを利用したいだろうか?

倉庫と聞くと個人の利用者には向いていないイメージがあり、取っつきにくい感じがするかもしれない。

ただ、そんな倉庫でもトランクルームのように気軽に使えるサービスがある。

それが一般向けの貸倉庫サービスで、気軽に利用できる内容となっている。

ただ総合的に見た場合にはトランクルームに分があると言えそうだ。

それは両者を比較すると、トランクルームは主に個人をターゲットにしている点にある。

したがって料金、使いやすさ、サービスのどれをとっても、よく考えられており便利なのだ。

そんなトランクルームでも選ぶ際にはよく比較することが大切になる。

1社だけで見えないものが、2社目、3社目をチェックすると見えることがあるので、是非とも実践して上手に使っていただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルーム

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする