シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームの補償トラブル|明確にさせたい業者と自分の責任区分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

補償トラブルになると必ず起こるのが責任問題だ。

「あなたが悪い」、「私は間違っていない」といった争いに発展することがよくある。

誰もが責任を取るのを拒む…これって当然のことで気持ちは良く分かる。

たが、こんな状況であっても逃げることはできないので、いざという時にどうすれば良いかを考えておこうではないか。

トランクルームで起こる補償問題

盗難による被害

屋内型の場合には2重にロックされていることが多く、警備会社とも提携しているので確率は低いと言える。

だが屋外型の場合には不特定多数の人が入れたり、監視がやや手薄になる傾向が見られる。

盗難の際の対応については、自己責任をうたっている業者もいてバラつきがある。

そうかと言っても野ざらしにしておくより、はるかに安全であり雨風の心配もいらないのも事実だ。

火災で焼失する

建物の火災の可能性が考えられる。

トランクルームが入っている建物から出火する場合もあるが、もらい火により焼失してしまう可能性も否定できない。

また、利用者が保管しているものの中に、火災につながるものが混ざっていたりすると大変危険である。

たとえあなたが気を付けていても、他人のミスによって火災になるケースもあるからだ。

自然災害の影響

自然災害と言えば地震や洪水、豪雪、防風といったものが思い浮かぶだろう。

特に地震の場合、少しの揺れであれば問題ないが、大きな揺れが発生すると荷物がくずれたり、屋内型の場合には建物自体が倒壊することもある。

また屋外型であれば洪水や豪雪などの被害を受けないとも限らない。

もちろん業者としても場所を選び、基礎もしっかりしているだろうが、自然災害を防ぎきるのは不可能だ。

利用者からの損害

多くの人に利用されているトランクルームでは、保管された荷物が何であるか分からない。

また特に報告の義務もないので、中には業者に禁止されているものが紛れ込んでいる可能性もある。

これが原因で被害を受けることもあり得るのだ。

例えば、異臭によって臭いが付く、何らかの液体が漏れて荷物が汚れるなど、他の利用者から被害を被ることもある。

その他の原因

その他にも腐食や錆といった時間の経過とともに起こる問題もある。

いくら室内保管されていても自然現象を止めるのはほぼ不可能なので、絶対でないことを理解しておくのは重要なことだ。

利用する立場からすると、”お金を払っているんだから”という想いが強いかもしれない。

しかし業者に完璧を求め過ぎると、何かあった際のショックは大きいので過剰な期待をしてはいけない。

補償の有無と対象になる物とは?

補償が受けられるケース

基本的に火災や盗難といった被害に対しては補償されるものの、あなたに過失があった場合にはダメのようである。

例えば発火する恐れのあるものを保管していたり、うっかり鍵をかけ忘れた場合などがそうだ。

明らかに業者側に責任があると認められた場合に限って適用されるので、あなたにとってはやや不利かもしれない。

補償してくれる金額だが、法律上の範囲であったり、上限を設定している場合があるので、契約の際に良く確認しておきたい。

必ずしも全額もらえるとは限らず、状況によっては一銭も受け取れないといったことになり兼ねないので注意が必要だ。

補償の対象外となる物

驚くことなかれ、補償されないものは意外と多い。

それもそのはず、収納を禁止しているものがとても多いからだ。

禁止されているものを例としてあげておくが、業者によって違いがあるので契約前にきちんと確認したい。

こんなにたくさんあるとは予想以上だが、常識的な範囲でとどめておけば特に問題ないだろう。

そうは言っても個人差があるので要注意だ。

禁止物

金銭類

現金、貴金属、有価証券、小切手、預貯金通帳など

古美術品

絵画、骨董品、書画、武具、金属・木工芸品など

乗り物

ヨット、ボート、自動車、バイク(例外あり)など
可燃物 灯油、ガソリン、シンナー、塗料、ガスなど

危険物

刀剣、銃器、毒物、劇物、化学物質など
その他 動植物、食品、汚染物、腐敗物、廃棄物、遺骨など

自己負担にならないための対策

保管するものを選ぶ作業は必要になるが、ここは慎重に進めたい。

そして問題が起きても心配いらないようにしておきたいものだ。

もちろん完璧な選択をしておけば、あなたに過失はないので確実に補償を受ける事ができる。

たったこれだけのことだが現実は厳しいのもので、どこかに落ち度があると自己負担が必要で余計な出費がかさんでしまう。

そこでどうするかと言えば個人で保険へ加入することだ。

”結局のところ金かよ!”と思うことなかれ。

要はそれだけの価値があるかどうかの問題であり、それほどでもなければ利用する必要はない。

”いや私はどうしても保険に入りたい”という場合には保険会社に詳細を問い合わせてほしい。

その際にトランクルームで保管すること、そして契約の条件を必ず伝える、そして見積りをもらおう。

無理のない掛け金であったなら加入すれば良いので、焦らずにじっくり考えてみてくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする