シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草刈り機の取り扱いと保管方法は?燃料の混合や保存方法についても解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑草は本当にたくましくて、土のあるところならどこにでも生えてくる。

しかし家の周りや駐車場、畑などに茂っていると、見た目が悪いばかりか何かと邪魔になる。

そこで登場するのが草刈り機である。

刈払い機とも呼ばれていたりするが、エンジン付きのものがパワフルで効率的よく除草ができる。

今回はその草刈り機の取り扱いやメインテナンス、燃料の処分、そして保管の際にすべきことについてご紹介していきたい。

草刈り機の取り扱いは注意が必要である

草刈り機は取り扱いを間違えるとケガにつながるので注意が必要だ。

最も注意してほしいのが刈り刃であり、高速で回転しているので万が一体に当たると大変なことになってしまう。

刈り刃には様々な種類があるが、大きく分けて金属製のものとプラスチックの紐を使ったものの2種類がある。

金属製のものは切れ味も鋭く、細い木の枝なら簡単に切ることができる。

草刈りする場所も平坦とは限らず、デコボコしていたり坂で滑りやすいなど足場が悪いことがある。

そのため移動の際には十分に注意を払い、バランスを崩したり転んだりしないようにすることが大切になる。

刈り刃は勢いよく回転しているため、すぐには止まらずとても危険なのだ。

例え回転していなくても、草が絡まった時や点検の際には必ずエンジンを止めてから作業するのが基本なので忘れないでほしい。

体に当てないことも大切だが、石やコンクリートにぶつけたりするのも危険だ。反動で振り回されたり、破片が顔に飛んできたりする。

したがって草刈り機を使う時には、顔はもちろんだが肌が露出した服装は絶対にダメである。

もちろん手袋やヘルメットも着用して、安全に作業するよう心がけていただきたい。

また刈り刃を止めているナットも緩んでいないか確認しよう。特に交換後は一度止めて確かめることを強くおすすめする。

長く使うためにはメインテナンスが必要

草刈り機には想像以上に大きな負荷がかかっている。

雑草を刈るだけなので大したことがないと思ったら大違いである。

また草だけでなく、埃や砂といったものが付着して汚れている。特に回転する部分にはこういったものが入りやすい。

そのため使いっ放しにするのではなく、時々はチェックをおこないきれいにしておくと良いだろう。

また、回転部分にはギヤケースがあるのでグリスアップを忘れないようにしていただきたい。

やり方は機種ごとに取り扱い説明書に書かれているので、よく確認した上で専用のグリスを定期的に補給してあげよう。

エンジンについてはエアーフィルターの掃除をおこなう程度だ。

スポンジの汚れ具合をチェックして、埃やゴミがついていたらガソリンを使って洗っておこう。洗浄後は優しく絞って日陰で乾燥させれば良い。

湿式の場合はオイルを塗布しないといけないが取扱説明書に従っておこなうようにする。

もしボロボロの状態だったら、高価なものではないので交換してしまおう。

刈り払い機は簡単なメインテナンスをすることで長く使うことができ、実際に10年以上もつことも珍しくないのだ。

草刈り機の燃料の混合と残りの保存は?

刈り払い機は電動のものもあるが、まだまだエンジンを使ったものが多く使われている。

ここで問題になるのが燃料の混合と残った燃料の保存についてだ。

エンジンにも2サイクルと4サイクルの2種類があり、問題になるのは2サイクルの場合である。

2サイクルの場合はオイルとガソリンの混合燃料になるので余ったとしでも、4サイクルの車やバイクに使うわけにはいかない。

ではどうしたらよいか?

まず混合ガソリンはなるべく必要な量だけを購入するようにしたい。

そうはいってもどれくらい必要になるか難しいところだ。そこで最初だけは混合された状態で売っている最も少ないものを買って消費量をチェックしよう。

手間かもしれないが、一度確認しておけば次回からは予想もしやすくなる。

もしたくさん使うようであれば、ガソリンと2サイクルオイルを別々に買ったほうがコストも抑えられるはずだ。

混合燃料は目安として1ヶ月くらいの間には使い終わるようにしたい。

それでも余ってしまったら、残念だが処分を考えないといけないが、そのままでは廃棄できないので注意してほしい。

廃油処理箱に入れて処分できる場合もあるが、可能かどうかは役所に確認してからにしよう。

もしダメな場合にはガソリンスタンドや販売店に問い合わせてみることだ。

お店によっても対応は異なっているが、できるだけ引取りまでしてくれるお店での購入をおすすめする。

長期保管する際に必ずやっておくこと

草刈り機を1年中使うケースはそれほど多くはないだろう。

そうなると場合によっては長期保存が必要になってくるが、使ったままの状態で収納しておくのは良くないことだ。

  • ゴミや汚れを取り除く
  • 刈り刃の錆止めをおこなう
  • エレメントの掃除
  • クリスアップ
  • ガソリンを抜き取る
  • 雨風の当たらない屋内で保管

まず、ゴミや汚れを取り除いておくことが必要になる。特に刈り刃周辺やエンジン周りは念入りにおこなうようにしたい。

きれいになったら刈り刃の錆びを防ぐために、防錆剤を吹き付けるかオイルを塗っておこう。

そして通常のメインテナンス同様にエアエレメントの掃除やギヤボックスのグリスアップもすると良い。

次に燃料タンクとキャブレター内のガソリンを抜き取って空にする。

燃料タンク内はポンプで吸い取ったり、逆さにしてロート(じょうご)で受けて容器に戻せば簡単に空にできる。

キャブレターは排出用のポンプやドレンボルトやなどがあるので、しっかりと抜き取っておこう。

エンジンは圧縮状態にしておくシリンダー内の錆も防げるので、リコイルスターターを引っ張って重くなる位置で止めておくと良い。

置き方は横にしておいても問題ないが、場所がない場合は立てても良いだろう。その際は倒れたりしないように固定しておくことを忘れないでいただきたい。

ただし4サイクルエンジンの草刈り機の場合は立ててはいけない機種もあるので要チェックだ。

最後に保管場所はくれぐれも雨風の当たらない屋内で保管しておこう。

こうすることで長期保管でも安心でき、いつでも使える状態を保つことが可能になるので面倒と思わずに実施してほしい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする