シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイク専用トランクルームって何?初心者にも良くわかる特徴や選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクに乗られる方にとって保管方法は悩みの種かもしれない。

ガレージや室内保管が出来れば理想だが、現実には難しい面もある。

特にアパートやマンションを借りている場合、駐車場所が限られてしまうため屋外になりやすい。

なので万が一のことを考えると、どうしても心配だ。

だが、世の中には便利なものを考えてくれる人がいるもので、バイクにも専用のトランクルームが存在している。

何ともありがたい話であるが、どんな特徴がありどのように選んだら良いのだろうか?

バイク専用トランクルームとは?

その名の通りバイク専用の保管スペースになるが、これが実に便利なものなので知っていて損はない。

いや知らないと大損するかもしれない。

バイクが入れる大きさにコンテナを改造した保管庫のようなもので、雨風から愛車を守れるばかりでなく、盗難の心配からも解放してくれる。

ちょうど大きな戸棚を頑丈にして鍵を付けたイメージを思い浮かべてもらえば良い。

バイク愛の強いあなたなら一度利用しただけで、その便利さに惚れ込んでしまうだろう。

これらのコンテナは屋外に設置されているイメージがあるが、タイプによっては建物の中に設置されているものまであるのは驚きだ。

つまり2重になっており、ここまでくれば保管場所としては完璧と言える。

  • 屋外に設置されているタイプ
  • 屋内に設置されているタイプ

あなたはどちらを選ぶだろうか?

また、トランクルームでないタイプに単なる駐車スペースと言えるものもあり、当然周りに囲いはなく雨風も防げない。

このようなタイプでの保管はセキュリティの面で注意が必要だ。

何か問題が起こっても自己責任になる上、何の保護もできないので利用は控えるべきだろう。

必ずチェックしたい3つのポイント

利用料金はいくら?

利用料金は選ぶ業者や場所によって大きく違ってくる。

したがって一概には言えないが、中型~大型バイクが保管できる広さとしての目安をあげておこう。

屋外コンテナ型の大凡だが1ヶ月当たり12,000円~15,000円程度は掛かる。

また、屋内型でも駐車スペースを共同使用するタイプがあるが、料金は特別に安くない上、他の人でも触れてしまう欠点があるので覚えておこう。

単に料金だけを見ると決して安い金額ではないが、大切な愛車を保管する価値があるかどうかで判断してほしい。

保管場所で悩んでいるあなたにとって、極上の環境であることは間違いないのだ。

必要な広さがあるか?

小さな荷物ならあまり広さを考慮する必要はないが、バイクの場合はそうないかない。

最低限あなたのバイクの幅と長さをカバーできる広さが必要だ。

目安として幅1.2m、長さは2.5m、広さとしては1.5帖程度は欲しい。

特に大型のバイクになると、借りてはみたものの入らなかったという事態になりかねないので注意したい。

また、狭いのに無理すると出し入れの際に傷をつけてしまう可能性があるのでバイクの幅プラス20㎝くらいは余裕を持ちたいものだ。

補償が付いているか?

確かにトランクルームの安全性は高い。

だが物事に絶対がないことを、あなたもご存じだと思う。

万が一にも何かが起こる可能性があるわけで、その時に愛車はどうなってしまうのかを考えておかねばならない。

こんな時にあると助かるのが補償だ。

業者によって補償の範囲や程度は異なるので、必ず確認するようにしておこう。

また、あなたが個人で保険に加入することも可能なので、必要に応じて検討していただきたい。

備えあれば憂いなしだ。

総合的に見て判断することが大切

バイク専用トランクルームは、大切なバイクにとって最高に優しい保管スペースと言える。

だが、愛車を心配して費用を負担するあなたにとってはどうだろう?

確かに素晴らしいことは分かっているが、何でも借りられるわけではないので実質制限がある。

最終的には料金、環境、補償それに加えてあなたの価値感、これら全てを総合的に判断して決めたいものだ。

そうでないと偏りが生じることになり、場合によっては後悔するはめになる。

せっかく借りたトランクルームなのだから、有効に気持ちよく使いたいと思うのは誰もが同じだ。

焦らずに慎重に選びながら、納得できる内容で契約してほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする