シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームに灯油は保管しない!正しい処置の仕方と注意事項とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節になると頼りになる暖房器具と言えばストーブである。

強力なパワーで寒い外から帰ってきても、すぐに暖かく快適にしてくれる点ではエアコンより上かもしれない。

そんな大活躍のストーブも春になると出番がなくなってしまう。

それと同時に燃料である灯油も来シーズンまで使うことがなくなるが、どう処置したら良いのだろうか?

灯油はシーズン中に使い切るのが基本?

ストーブの燃料となる灯油は、長期の保管によって変質することがある。

その変質によってストーブが影響を受け、事故につながる危険性も指摘されている。

したがって今シーズン使った灯油の残りは、来シーズンまで持ち越さずに使い切るのが理想的と言える。

ではなぜ変質してしまうのか?

保管状態が悪いと紫外線や、温度といったものによって灯油の成分が変化してしまうためだ。

この変化に気付かずに使用してしまうことがあるが、絶対に避けなければならない。

そのためにもシーズンの終わりが近づいたら、大量に購入することは避け、なるべく残らないようにすることが大切になる。

そうは言ってもどれくらいのタイミングが良いか迷うかもしれない。

地域にもよるが時期的には4月上旬から下旬くらいを目安に買う量を減らして、様子を見ながら調整すると良いだろう。

そして例年はいつ頃まで使っているか、もう一度思い出していただきたい。

この時期になれば1日中使うことも減るので、エアコンで代用するとか少し厚手の服装でカバーするといった工夫をしてみよう。

残ってしまった灯油の正しい保管方法は?

保管場所に注意

灯油を保管する際には、なるべく環境の影響を受けない所を選ぶようにしたい。

そのためにはまず直射日光を避けることが大切になるので、極力室内で保管するのが望ましいと言える。

しかし、どうしても屋外に置かなければならない場合には、カバーを掛けたり、ケースに入れておくことが最低条件だ。

また、温度が高くなるところも保管場所には向かないので、日の当たらない比較的風通しの良い場所に置きたい。

保管状態や環境が悪いと変質するのも早く、最悪の場合にはシーズン中にもかかわらず使えなくなるので注意しよう。

もちろん近くに熱を発するものがないことは絶対で、火気厳禁をしっかりと守っていただきたい。

そうしないと引火して火事につながる恐れがある。

確かにガソリンほどの危険性はないが、ストーブで燃焼させていることを考えれば、いい加減な取り扱いではいけないのだ。

容器は何を使う?

灯油を保管する容器については、何を使っても良いわけではないので間違えないでいただきたい。

まず白いポリ容器は絶対に使わないようにしたい。白いポリ容器に入れておくと紫外線の影響を受けやすいため変質するのが早い。

したがって、必ず灯油保管用のポリ容器を使うようにしてほしい。

赤色の容器をよく使っているが、あれは色を付けることによって紫外線の影響を抑えることができるようになっているのだ。

ポリ容器を選ぶときには推奨マークが付いているものにしよう。

また、灯油漏れ対策として受け皿を使えば、万が一こぼれた時のことを考えると安心だ。

他にも灯油ポリ容器を入れる保管ケースが販売されているので利用するのも良いだろう。

古い灯油は処分しておくと安心で安全

灯油が変質してしまったら、処分してしまおう。

なぜなら古い変質した灯油を使うと事故や故障の原因になる可能性があるからだ。

点火できなくなったり、煙が出る、そして異常燃焼が起こることもあるため、非常に危険だと言える。

また、水分が混ざっていると、内部に錆が発生することがある。燃焼も不安定になりエラーになったりするので使わないようにしたい。

では、その灯油が変質しているかをどうやって見分けるのだろうか?

まず第一に色である。

正常なものは無色透明だが、変質すると黄色くなってくる。白い紙の上に、透明容器に入れたれた灯油を置いて見ると分かる。

ただし、あまり色の変化がない場合もあるので、その時には臭いを嗅いでみよう。酸っぱい臭いがしたら使えないと思って間違いない。

その他にも水やゴミが混入して不純灯油になっていることもあるので注意したい。

変質や不純物が混入した灯油は、販売店に持っていき処分してもらうと良い。

他にガソリンスタンドで引き取ってくれることもあるため、問い合わせてみると良いだろう。

自治体によっては少量であれば新聞などに含ませてゴミとして出せる場合もあるので、チェックすることをおすすめしたい。

それでも処分できない場合は、回収業者に依頼をしてみよう。

トランクルームは規約で禁止されている

トランクルームでは様々な荷物を保管できるため、とても便利なのはご存じの通りだ。

しかし、現実には保管を禁止されているものが少なくない。

例としてお金や宝石といった貴金属類、食品や動植物、刀剣類、その他にも腐敗しやすかったり、臭いがあるものなどがある。

その中には可燃物に対する規制もされており、灯油やガソリンといったものも保管を認められていないのだ。

その理由は、万が一にも火災が発生しないようにするためであることは明確である。

いくら色々な物が収納できて便利とは言っても、トランクルーム会社や他の利用者に迷惑が掛かることは控えなければならない。

それためにトランクルームにも決まりがあって規制されるのは仕方がないことだ。

ただ、そうは言っても保管できないものばかりではないため、決められた範囲内で利用することになる。

保管できるものはたくさんあるので、きっとあなたの条件を満たしてくれるだろう。

自宅の荷物で困ったら、まずはトランクルームの利用を検討していただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする