シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤはトランクルームに保管せよ!安心の収納方法で品質維持ができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本には素晴らしい四季があり、そのおかげで色んな楽しみがある。

季節ごとの美味しい食べ物、楽しいレジャーやスポーツ、おしゃれなファッションなども季節の恩恵と言える。

これとは反対に煩わしく思えることがあるのも事実だ。

その一つが車のタイヤ交換で、夏用と冬用で履き替えることが多いが、あなたは愛車のタイヤ管理をどうされているだろう?

安全を守っている大切なタイヤだけに保管方法にも気を付けたいものである。

タイヤに最適な保管場所を選ぶ

トランクルームに保管する

トランクルームを利用する場合は屋内タイプと屋外タイプのどちらでも可能だ。

もし屋外コンテナでは湿気が気になるなら、屋内タイプを利用しよう。エアコンが効いていなくとも、タイヤにとっては十分に優しいと言える。

タイヤの使用環境は実に過酷であり、大きな負担がかかっている。それだけに大事に扱いたいところだ。

夏の暑い季節から真冬の寒い時、日光や雨、雪の中でも関係なく働きつづけている。

それだけに保管には気を配りたいものである。

ただ、タイヤ専用にしてはスペースが勿体ないので、自宅に置き切れない荷物を一緒に保管するのも使い方の一つであろう。

タイヤ保管サービスを利用

トランクルームの他にタイヤ保管サービスを利用する方法もある。

タイヤショップ、ディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店といったところで受けつけているので問い合わせてみると良い。

もちろん料金はかかるが、タイヤ交換と同時に預けてしまうことが可能となる。保管は一般的な倉庫と考えておきたい。

自分で持ち込む必要がなく、手間が省けるので履き替えも楽である。

少し残念な点として、直ぐに作業してもらえない時がある。その理由は、他の業者に保管を依頼している場合があり、出庫して届けられるまでに時間が掛かってしまうためだ。

したがって交換したい時や、引き渡してほしい場合には、早めに連絡して予約を済ませておきたい。   

保管料金はタイヤサイズによるが、年間で1万円から2万円程度が必要になる。

タイヤを保管する際の注意点

タイヤの保管はただ片付ければ良いというわけではないのだ。

何もしないままだと、その分だけ傷み安くなってしまうので気を付けていただきたい。

ポイント

  • 洗ってから保管する
  • 湿気をよく取り除く
  • ワックスは不要
  • 溝の石などを除去
  • 空気圧は低目にする
  • 横積みで保管する

汚れたタイヤは劣化を早める原因となるので、必ずきれいに洗うことが大切と言える

汚れが酷い場合は洗剤を使うが、その際に強く擦りすぎないようにしたい。タイヤを傷めてしまう。

洗った後は湿気を良く取り除いてから保管するが、ワックスは劣化やひび割れの原因となるので塗らないようにする。

きれいにしたついでに溝に挟まった石や異物も取り除いてあげたい。

あまり気にしていないかもしれないが、走行中にこれらが飛んで愛車のフェンダーを痛めたり、他車に当たって傷を付けることがある。

普段はなかなか出来ないので、このチャンスを利用して除去しておこう。マイナスドライバーを使えば簡単だ。

この時にタイヤの状態もチェックできるので、何か異常があれば早めの対応が可能になる。

片付ける際にはタイヤカバーやビニール袋などを使って埃から守ってあげよう。

ホイール付きの場合、積み方は横置きが基本だ。理由は縦置きにすると、タイヤの一点だけに負荷がかかってしまうからである。

可能であれば積み替えできるのがベストだが、実際にはそこまで神経質にならなくとも大丈夫だ。

もし縦置きする場合は、定期的に回してやって接地部分を変えてやると良い。

空気圧は標準より低めを保ち、半分くらいまで減らして負担を軽減させてあげよう。ただし、くれぐれも全部抜かないように注意してほしい。

また床に直置きはなるべく避けて、スノコや段ボールを敷いてあげると傷みも少ない。

再び利用する前にやっておくこと

暫く休んでいたタイヤを使い始める際に、必ず次の3点はチェックしたい。

いきなり使い始めるのではなく、きちんと確認できてからにしよう。

チェック

  • 空気圧と漏れ
  • タイヤの劣化状態
  • 摩耗状態

使用前には必ず空気圧の調整をしていると思うが、正規の空気圧にするだけでなく、漏れの有無も調べておこう。

保管前に抜いた以上に空気圧が低くなっている場合もある。

バルブ周りはあまり点検しない箇所でもあるので、この機会にやっておきたいものだ。

保管していたことだけが原因ではないが、見過ごしているかもしれないヒビ割れや傷、劣化の状態も点検しておく。

もし発見した場合は、そのままで走行するのは危険なのでタイヤの交換をおすすめする。

また、摩耗状態をチェックしてスリップサインが出ていた場合も同じだ。

もし偏摩耗が見られたら、足回りに異常があるかもしれないので、整備工場で点検を受けるようにしたい。

暫く使っていない間に何かあるかもしれないが、この時には普段できないことまでチェックが可能である。

めったにないチャンスなので、安全のために是非とも実践していただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルーム

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする