シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加瀬倉庫 のトランクルームとは?借りる前に知っておきたい基本情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加瀬倉庫という会社をご存じだろうか?

トランクルームや貸倉庫の業界では超が付くほど有名な企業である。

もちろん初めて聞く方もいるだろうし、これを読んでいるあなたもきっとご存じなかったと思う。

一体どんな会社なのか気になっていると思うので、可能な限り詳しく説明していこう。

トランクルームをレンタルする際の判断材料としても良し、興味半分で読んでみるのも良し、お役に立てれば幸いである。

加瀬倉庫とはどんな会社?

加瀬倉庫を中核とする加瀬グループは7社によって形成しており、構成は以下の通りだ。

  • 株式会社 加瀬ホールディングス
  • 株式会社 加瀬倉庫
  • 株式会社 加瀬トランクサービス
  • ハウジング不動産 株式会社
  • 株式会社 加瀬テナントサービス
  • 株式会社 プランナー
  • 株式会社 加瀬運輸

設立は1978年で既に40年以上の歴史があり、トランクルームの業界では老舗のような存在になっている。

神奈川県横浜市に本社を置き、東京や神奈川、埼玉といった関東圏を中心に全国的な展開をしているのだ。

事業内容はトランクルームに限らず、不動産・ビルなどの管理活用、貨物事業、総合建設業、さらにはホテルやコンピュータ関連など多岐にわたる。

グループ全体の売り上げもすでに130億円を突破した実績を持つ。

もちろんトランクルームのシェアでは業界の中でも上位に位置しており、トップクラスと言える。

レンタル業者としても、利用者にとっては頼もしい存在であることに間違いない。

トランクルームの種類

その加瀬倉庫ではどのようなトランクルームがラインナップされているのか?

いくつかの種類があるので見ていこう。

レンタルボックス

屋外にコンテナを置いたもので、その中に荷物を置くタイプで広さは0.7帖~8帖まで用意されている。

利用料金は屋内型と比較して割り安の設定となっている。

また基本的に天井部分には断熱材が入っており、外気温度±5°に設定されているが、湿度までは管理されていないので錆びやすいものは要注意だ。

トランクルーム

ビル等の建物の中を間仕切りして、それぞれのスペースを設けてあるタイプであり、室内型になるので衣類や家財道具の収納向きだ。

0.3帖~7.8帖までの広さがあるが、場所によって異なっている。

建物の中にある出入口と各部屋の2箇所で施錠が可能なので、盗難の被害に合う確率は低いであろう。

そのセキュリティだがALSOKまたはテンキーにより入出管理がおこなわれている。

バイクヤード

バイク専用の貸スペースで屋内型と屋外型に分かれているので、好みに応じて選ぶことができる。

屋外型の場合はさらに3種類用意されているので用途にあったものを利用したい。

  • 一般のコンテナタイプを利用するタイプ
  • バイク専用に作られたコンテナを利用するタイプ
  • コンテナの一部をバイク専用にしたタイプ

なお屋内型になると入り口にキー認証もあるため、より安全で安心できるだろう。

ガレージ倉庫

これは他のタイプと比較しても、はるかに広いスペースになる。

何しろ倉庫やビルの1フロアを仕切ったタイプなので、10帖以上の広さを確保できる。

その広さを有効に使えば荷物を置いておくだけでなく、様々な利用方法が可能で作業スペースにしてOKというからありがたい。

そうは言っても、埃が出たり大きな騒音を伴うなどの迷惑をかける作業は遠慮すべきだ。

もちろん大量の荷物を置けるので、引っ越しなどの他にも仕入れた商品や材料等の倉庫としても利用できる。

それぞれの長所と短所は?

屋内型

屋内型は何といっても荷物に優しい環境と言える。

建物の中を間仕切りしているので、雨風の影響を一切受ける事なく置いておけるので安心だ。

自宅での保管と変わらない条件であり、大切なものを保管しておくには最適であろう。

その代わりと言っては何だが、料金が割高になるのは仕方がないことなので割り切って利用したい。

安心できる環境を得るためには、それなりの代償を支払うのは当然のことなのだ。

屋外型

屋外型の場合には、車をほぼ横付けにして荷物の出し入れができるのが便利である。

反面、基本的に誰でも敷地内に入れる状態にあるので、セキュリティの面で若干の不安が残るが、しっかりと施錠をしておけば大きな問題はないだろう。

バイクなどは専用の錠やチェーンなどを用いて、安全性を強化しておきたいものだ。

それと忘れてはいけないのは、本当に大切な貴重品は置かないようにしたい。

本来そういったものは自宅で保管すべきであり、それが出来ないものだけをトランクルームに置くといったように住み分けしておこう。

疑問は問い合わせてみる

加瀬倉庫のトランクルームについて、もし疑問があったら問い合わせるのが良い。

それに対して対応が悪ければ、あなたの選択リストから外してしまおう。

こうすることで不安材料も削除できて、より検討しやすくなるというものだ。

最初からつまづいてしまっては気分がよろしくないが、早目に分かっただけでも儲けもんである。

きっとあなたはラッキーなのだ。

だが反対に、丁寧な対応をしてくれたなら、本格的に検討してみる事をおすすめする。

何故なら接客業の基本はお客に満足してもらうことであり、その代わりにお金をいただいているからだ。

残念なことに基本的に見学はできないが疑問が解けたなら、次のステップに駒を進めてみてほしい。

最短で確実にトランクルームを見つけることができるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする