シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンニクを美味しく保存するには?正しい選び方や加工方法も紹介 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ニンニクは色んな料理に使えて便利だが、美味しさを保ったまま保存するにはちょっとしたコツが必要になる。

これを無視してしまうと、せっかくの香りや味わいといった風味が失われてしまう。

ではどうしたら良いか?

まずは良いニンニクを選ぶこと、そして正しい保存方法や保存場所について知っておくことが大切になる。

そこで今回は、これらについて詳しくお伝えしていくので参考にしていただきたい。

良いニンニクを選ぶポイント

ニンニクを美味しくいただくには、良いニンニクを選んで買うことが大切になる。

それには選ぶ際のポイントを知っておいた方が良いのでご紹介していこう。

選ぶポイント

  • 全体がふっくらとしている
  • 張りがあり萎びていない
  • 白くきれいな色をしている
  • 粒が大きくて揃っている
  • ずっしりと重い
  • 固くしまっている
  • 強いニンニクの匂いがしない

見た目は全体的にふっくらしているものがおすすめである。

張りがあって萎びていないものは良好であると考えて間違いない。

皮は白くきれいな色をしていれば問題ないが、もし黄色く枯れていたら中の状態も良くないので避けた方が良いだろう。

粒は大きくて揃っているのが良いニンニクの証しでもある。

持った時にずっしりと重量感があれば、中には十分な水分が含まれていると言える。

また軽く押してみて、固いものを選べばOKだ。ただし、強く押しすぎると傷めてしまうので気を付けよう。

ニンニク特有の匂いは多少あるが、強く匂う場合には虫食いがあったり、傷んでいることもあるので良くチェックしたい。

いくつかのチェックポイントをあげたが、これらに気を付けていれば問題ないだろう。

ニンニクの保存方法と保存期間

常温で保存する

もっとも手間がかからないのが常温保存ではないだろうか。

保存の方法は簡単で、皮つきのままで風通しの良い日陰に置いておくのである。

この時に、くれぐれも皮をむいてしまわないように注意してほしい。

ニンニクは皮があることによって乾燥するのを防いでいるため、皮がなくなってしまうと萎びてしまうのだ。

それと同時に傷みやすくなってしまう。

保管の際は網に入れて吊るしたり、カゴに入れておけば湿気が付くこともなく、腐ったりせずに済む。

こうして保存しておくことで2週間~3週間程は美味しさを維持できるはずである。

そうはいっても徐々に変化していくものなので、芽が出たりする前に早めに食べることをおすすめしたい。

冷蔵室で保存する

常温よりも長期の保存が可能なのが、冷蔵室での保存になる。

冷蔵庫の中でも野菜室やチルド室に入れておけば長持ちしてくれる。

ニンニクの保存に適した温度は0℃~6℃とされているため、できることなら温度の低いチルド室の方がおすすめである。

房のままではなくバラバラにした状態で、皮を剥かずに入れて置けば1ヶ月~2ヶ月は保存がきくだろう。

もしスライスしたりみじん切りにしてしまった場合には、ラップに包んだりジッパー付きの保存袋に入れて匂いが漏れたり空気に触れないようしておこう。

ただし保存期間は短くなるので、3日~4日で食べ切るようにしたい。

冷凍室で保存する

より長く保存したい場合には、冷凍室に入れておくのが効果的である。

暫く使う予定がなかったり、たくさん余ってしまったニンニクは凍らせてしまうのが最も手っ取り早い。

皮を剥いても剥かなくても可能だが、使い勝手を考えると皮のない方が楽と言える。

ジッパー付きの保存袋に入れて、空気を出してから密閉して保存しておく。

この状態なら1年ほどは保存が可能である。

すぐに使いたいのならスライスやみじん切り、あるいはおろした状態で保存しておくこともできる。

ただしこの場合、保存袋に入れて密閉しておいても、保存できるのは1ヶ月位と考えておきたい。

加工して保存する

保存方法にこだわらないのであれば、加工して保存しておくこともできるだろう。

料理に使うには限定されてしまうかもしれないが、長期保存を可能にするのでおすすめの方法と言える。

同時に常温でも傷みにくくなるといったメリットも得られる。

ニンニクを加工して保存するには、しょう油や味噌、あるいはオイルなどに漬けてしまうのが最も一般的ではないだろうか。

生の状態でも比較的保存がきくが、漬物にすれば半年~1年は保存できてしまう。

チャーハンや炒め物などの料理に入れたりトッピングすることもできて便利なので、ニンニクがたくさん残っていたらおすすめしたい。

ニンニクの加工方法を紹介

長期間の保存には加工したニンニクが最適であるが、ここでは代表的な漬物をご紹介していくので参考にしてほしい。

とても美味しいので保存食として作ってみてはいかがだろうか。

作り方も簡単であるため是非ともトライしていただきたい。

しょう油漬けの作り方

★材料

・ニンニク:適量
・しょう油:ニンニクが浸る量
 (だし醤油でもOK)

★作り方

・ニンニクの皮をむき根の部分をカット
・沸騰したお湯に30秒ほど入れる
・粗熱をとっておく
・煮沸消毒した保存用のビンに入れる
・ニンニクが浸るまでしょう油を入れる
・冷蔵庫で2ヶ月~3ヶ月ほど待てば完成

みそ漬けの作り方

★材料 

・ニンニク:適量
・みそ:適量

★作り方

・ニンニクの皮をむき根の部分をカット
・煮沸消毒した容器にみそを入れる
・その上にニンニクを並べる
・さらにその上からみそを入れる
・これを繰り返してすべてを入れる
・冷蔵庫の中で1ヶ月ほどで完成

オイル漬けの作り方

★材料

・ニンニク:適量
・オリーブオイル:ニンニクが浸る量
 (サラダ油でもOK)

★作り方

・ニンニクは皮をむきみじん切りにする
・きれいに洗った容器にニンニクを入れる
・その上からたっぷりのオイルを入れる
・ニンニクより2cm~3cm上までが目安
・冷蔵庫で保存して1週間で完成

はちみつ漬けの作り方

★材料

・ニンニク:2房
・はちみつ:150㏄(210g)

★作り方

・ニンニクの皮をむき根の部分をカット
・煮沸消毒したビンにニンニクを入れる
・はちみつを入れて密閉する
・冷蔵庫で3ヶ月保存したら完成

酢漬けの作り方

★材料

・ニンニク:適量
・らっきょう酢:ニンニクが浸る量
・砂糖:好みに応じて

★作り方

・ニンニクの皮をむき根の部分をカット
・沸騰したお湯に30秒ほど入れる
・粗熱をとっておく
・煮沸消毒した保存用のビンに入れる
・ニンニクが浸るまで酢を入れる
・冷蔵庫に入れて2週間で完成

ニンニクは栄養価が高く、滋養強壮や疲労回復にも良いとされているが、何よりも美味しいのが魅力であることはあなたが良くご存じのはずだ。

この美味しさをムダにしないためにも、ご紹介してきたことを有効に活用してほしい。

そして、上手に保存しながらしっかり味わっていただければと思う。

Pocket

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富である

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後のサポート体制が充実している

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする