シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームの修繕トラブル|責任範囲や費用の支払い義務はどう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパートやマンション、貸店舗などは長く使っていると傷や汚れが目立ってくるものだ。

トランクルームも同様で、借りた時の状態を維持するのは難しく、場合によっては修繕が必要になることがある。

では、そんな時は誰の責任になるのだろうか?

そして修繕費用は誰が負担しなければいけないのだろうか?

今回はトランクルームの修繕について、責任範囲や費用の支払い義務はどうなるのか一緒に考えてみたい。

修繕が必要になるのはどんな時?

トランクルームの修繕が必要になるのはどんな時だろうか?

それは解約する際、内装に傷みや汚れがあった場合である。

アパートやマンションといった賃貸物件では、昔から明け渡しの時に室内の修繕が必要になることがよくあった。

例えば壁に傷が付いていたり穴が開いている、あるいは壁紙が破れているといった場合がそうだ。

他にも、床に飲み物をこぼしてシミになっている状態や、油汚れがあったりカビが生えていたりしても対象になる。

トランクルームの場合も同様に、問題があれば修繕するのが一般的である。

ただし、程度によっては必要がないと判断されることもあり、その基準はトランクルーム会社によっても異なっている。

つまり必ずしも修繕するとは限らないのだ。

また、基本的に契約期間中のトランクルーム会社によるチェックはおこなわれない。

使い方についても利用者に任されているのが現状である。

修繕費用は利用者の負担になる?

経年劣化・通常損耗は問題ない

まず経年劣化や通常損耗であればまったく問題ないと考えておいて大丈夫である。

経年劣化とは年数が経つことで、その品質や性能といったものが低下してしまうことで、トランクルームでも普通に起こる。

その症状は色あせや黄ばみなどがあり、これらが起こる原因は温度や湿度、紫外線といったものになる。

他にも、通常の利用で起こる汚れや擦れにように通常損耗と言われるものがある。

これらは防止することが不可能であり、絶対に避けることができない。

したがって、利用者が責任を負わされることはほとんどない。

ただし判断するのはトランクルーム会社である。可能性は低いだろうが、絶対に修繕費用を請求されないとは言い切れない面もあるのだ。

過失や故意は負担が必要になる

規約によってトランクルームに手を加えることは禁止されている。

その規約を破ることは”故意”、つまり知っているのにも関わらず、わざとやったと判断されてしまう。

したがって、もし違反行為をしてしまうと、責任を問われても仕方がないのだ。

例えうっかりミスだったとしても、目立った傷を付けたり汚した場合には責任がともなう。

すると修繕にかかった費用を請求されることになるのだが、通常は見積額が請求されるものと考えておこう。

ただし、アパートなどと同様に敷金で賄える場合には支払う必要がないこともある。

契約時の初期費用の中に敷金が含まれていることがあり、その場合には負担しなくても済むケースが見られる。

もし敷金を支払ってないのであれば、ほぼ確実に請求があるものと思っていた方が良いだろう。

修繕費用が発生しない使い方は?

修繕費用が発生しない使い方は決して難しくない。

それにはどうしたら施設を傷めることなく使えるかを考えてみよう。

その答えは”トランクルームを大切に使う”ことであり、収納する荷物や出し入れに注意する。そして施設に手を加えないことだ。

まず荷物に中にトランクルームに被害を与えるものがないかチェックしよう。

床や壁を腐食させたり、異臭の原因となるものは、規約でも保管が禁止されているので保管してはならない。

また、出し入れの際にぶつけたりしないように気を付けて運ぶことも大切になる。

危ないと思ったら無理をせず、傷防止のために柔らかい布などで包むなどして、慎重に作業をおこなうことだ。

そして、施設には絶対に手を加えないようにしたい。

これも禁止事項になっているはずだが、穴をあけたりクギを打つ、ボルトやフックを取り付けるなど一切おこなってはいけない。

以上の3つを守ることで修繕費用の発生を防げるので、十分に注意していただきたい。

トランクルームは原状回復が基本

傷や汚れがあっても修繕しなくても良い場合があるが、基本は原状回復させないといけないのだ。

しかし、修繕が必要かそうでないはトランクルーム会社の判断によるもので、基準がはっきりとしていない場合がある。

傷なら何センチ以上、汚れの範囲はどれくらいといったように、必ずしも厳格に決められているわけではないからだ。

ただ実際に原状回復を求められるのは、通常の使い方ではあり得ないことが起きた時である。

それは傷や汚れだけでなくカビが発生していたり、腐食している、あるいは異臭を放ってるといった場合もそうだ。

もし、こういった状態になっている場合には修繕や対策をおこない、借りた時の状態に戻さなければならない。

トランクルームを借りるのはいたって簡単だが、注意を怠ると大きな問題になることがある。

借り物をした際にあなたがやるべきことは、ほんの少しだけ注意して普通に使うことだ。

たったこれだけのことで、余計な費用を支払うことなく安心して使えてしまうのである。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする