シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキーやスノーボードはトランクルームへ!保管の手順とポイントは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋内施設の誕生によって、季節に関係なく様々なスポーツできるようになった。

そうはいってもスポーツごとに季節感があり、ウィンタースポーツの代名詞と言えば、スキー、スケート、スノーボードといったところではないだろうか。

ただスキーやスノーボードは、オフシーズンになると保管するのが大変だったりする。

そこで片付ける際の手順やポイントについて見ていきたい。

片付ける際に必ずやっておくことは?

まず片付ける際に必ずやらなければいけないことは2つある。

それは何かと言えば、板の状態(傷み)の確認とメインテナンスだ。

スキーもスノーボードも直接雪の上を滑るため、傷になっていることが少なくない。これをそのままにして使い続けると、芯材まで傷める原因になってしまう。

さらにこの状態で翌シーズンまで保管すると、板の寿命を縮めることにつながるので良くないのは明らかである。

板はソールだけでなくエッジも傷みやすいため、大きな傷(特に深い傷)があれば早めに直しておきたい。

自分でできる場合もあるが小さな傷に限られてしまうため、後々の事を考えればショップに持ち込んで修理してもらうのが正解と言える。

また、特に問題がない場合でもメインテナンスだけはしっかとしておこう。

”今シーズンはあまり使っていないから大丈夫”などと考えないで、例え1回しか使っていなくとも面倒くさがらずに手入れをすることが大切である。

特にスキーやスノーボードはオフシーズンが長いため、使いっ放しで保管しておくことは絶対に避けなければいけない。

できる限り良好な状態で保管することで、長年使用することが可能になるからだ。

保管前のメインテナンスの内容と手順

板の汚れを落とす

最初に板の汚れをしっかりと落とすことから始めよう。

基本は水洗いをおこない、キッチンペーパーやタオルなどで水分をよく拭き取る。この際、汚れがひどい場合は市販のクリーナー(リムーバー)を使うと効果的だ。

板には砂や泥汚れだけでなく油分も付着しているので、水洗いだけでは落ちないことがある。

クリーナーを使うと言ってもそれほど手間はかからないので、保管前には必ずおこなうようにしたい。これを怠ると板を傷める原因になるので要注意だ。

傷や錆をチェックする

汚れがきれいになったら傷のチェックをしておく。特にソールの傷は滑りに直接影響するので注意したい。

細かい擦り傷程度であれば大きな問題にはならないが、心配ならショップで修理してもらうと安心できる。

深い傷はもちろんだが、傷みがあったらシーズン中でも直しておくのが良いだろう。

また、エッジに錆があったらきれいに落としておきたい。#1,000程度の細かいサンドペーパーに水をつけないでおこなうと良い。これは新たに錆びるのを防ぐためだ。

それでも落ちないようであれば、もっと粗い#400~#600程度でも良いが、1ケ所だけ集中して磨かないように気を付けたい。

鉄でできているため手入れをしないと錆びてしまうのは仕方がない。注意しながらおこない、本体まで削らないようにする。

ワックスを掛ける

保管前には必ずワックスをかけることをおすすめしたい。

その理由はソールやエッジの保護が可能になるからで、オフシーズンの保管も安心できる。特にエッジは錆びやすいので、ワックスによる錆止め効果が期待できる。

ワックスにはホットワックスと簡易ワックスがあるが、おすすめはやはりホットワックスになるが手間は掛かる。

もし作業が面倒と思うようであれば、簡易ワックスを塗っておくだけでも良い。付属のスポンジやコルクを使って伸ばし、しっかりと保護しておきたい。

塗ったあとはせっかくのワックスを削り落としたりしないようにする。効果が半減してしまうので要注意だ。

錆止めをおこなう

スキーもスノーボードもエッジの部分は錆びやすいのが欠点と言える。

わずかな期間放置しただけでも錆びてしまうため、シーズン中もこまめに拭き取りをおこない、なるべく錆びないようにしておきたい。

錆は最初のうちは表面だけで済むが放っておくと深くなり、しまいには簡単に取れなくなってしまう。

そうなってからでは除去が大変になるだけでなく、エッジを磨き過ぎて滑りが悪くなることも十分にあり得るのだ。

スキーもスノーボードもエッジはとても重要な役割を担っているので、保管期間中に錆びないような対策をしておくことが必要になる。

専用の錆止めを使って保護しておくと良いだろう。

チューニングはショップへ

板のチューニングはショップに依頼するのが得策だ。

チューニングの経験があれば話は別だが、自分でやるのは避けた方が無難と言える。彼らはプロであるので任せておいた方が安心できる。

もし大きな傷があったり状態が悪い場合、自分では無理と思ったら迷わずにショップに持ち込むようにしたい。

きれいに復元してくれるので、自分でやるより問題も少ないはずだ。

自分で板のチューニングやメインテナンスする場合は、あなたのできる範囲に留めておくのが良いだろう。

ただ、作業にはどうしても時間が掛かるため、最後までしっかりやる覚悟は必要になる。

保管する上で注意しておきたいこと

スキーやスノーボードを保管する際の注意点について見ていこう。

まず保管環境としては日光の当たらない風通しの良い場所を選びたい。そして高温多湿にならない環境での保管がおすすめだ。

環境が悪いと、板が変形するといった事態になる可能性がある。また、エッジが錆びてしまうこともあるからだ。

メインテナンスが終わった後は、バッグやケースに入れて保管するように心がけよう。この時に乾燥剤を入れておくと湿気には効果的と言える。

スキーはバンドを使うなどしてソールを合わせて一緒にして、立てかけたりラックを利用して保管しておく。

ビンディングは解放値を弱めておくと良いと言われているが、これは開放強度設定のスプリングが伸びてしまうためだ。

スノーボードの場合、ビンディング(バインディング)は外してから立てた状態で保管しておくのが良い。

そうしないと常にネジで引っ張られた形になり、板が変形してしまうのだ。

保管場所はどこが適しているか?

保管場所としてはどこが最適であろうか?

スキーもスノーボードも長さがあるため、自宅で保管するにはそれなりのスペースを確保しておく必要がある。

押し入れや物置に入る場合は、湿気や温度、通気に気を付けて保存する。

他にもショップや専門業者に保管してもらう方法もある。料金は5,000円~10,000円程度で基本的なメインテナンス込みで対応してくれる。

また、トランクルームを利用して保管場所とすることもできる。空調が完備されている施設もあるので検討してみると良いだろう。

温度も比較的安定しており湿度も抑えられているため、保管に適した環境と言える。

さほど広い面積は必要としないので、高さの確保が出来れば問題ない。実際、トランクルームの高さは2mほどあるので十分に収納は可能だ。

借りる前に確認しておけば問題ないので、是非とも有効に利用していただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする