シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベースはどのように保管すべきか?最適な方法と長く使うためのポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベースギターはその名の通り低音のパートを受け持っており、バンドには欠かすことができない楽器だ。

あなたもベースを演奏されていると思うが、保管はどのようにしているだろうか?

気を付けないと、せっかくの音色が台無しになってしまうことがあるので注意が必要になる。

そこで保管する際に守るべき事柄やポイントをご紹介していくので参考にしていただきたい。

ベースは見た目以上にデリケート

ベースは一見すると硬くてしっかりした印象を受けるかもしれない。

しかし、実際にはとても繊細であり、外部からの影響を受けやすいデリケートな一面を持っている。

したがって取り扱いや保管には、それなりの注意が必要になる。

擦ったり、ぶつけたりしてしまうと傷になるのは当たり前だが、落下といった強い衝撃に対しても弱いのである。

ご存じのようにベースは様々な木材を組み合わせて構成されている。

万が一、倒してしまったりショックを与えるようなことがあると、へこみやひび割れの原因にもなったりするのだ。

最悪の場合、接着部分に大きな負荷がかかって剥がれてしまうことさえある。

また湿気から受ける影響も大きな問題になりやすく、演奏や音を左右するので注意しなければならない。

ベースに限ったことではないがギターは生きものである言われるように、湿気を吸ったり吐いたりしている。

そのため、あまり湿気が多いとネックにソリが出るなどの症状があらわれる。

そればかりではなく、チューニングが狂ったり音色にも微妙な変化が起こることさえあるのだ。

あなたもこんな経験をお持ちかもしれないが、デリケートであるがためのデメリットであると言えるだろう。

ベースの保管で必ず守ることは?

ケースに入れる

ベースを保管する際にはケースに入れるようにしたい。

これは埃の付着や傷が付いたり破損するのを防ぐために必要と考えておこう。

ケースにはソフトケースやハードケースがあるが、しっかり守るという意味ではハードケースをおすすめしたい。

ソフトケースでもいけないわけではないが、何かあった時のダメージは大きくなってしまう。

どんなに気を付けていたとしても、うっかりして傷めてしまう可能性があるので、十分に注意したい。

また、何かあっても単純に直れば良いというものでなく、修理にお金がかかったり長期間弾けなくなってしまうことを考えると絶対に避けたいところだ。

単純に置くだけならスタンドでも利用できる。しかし見た目のカッコ良さで選んでしまうと倒れやすいものもある。

ましてや人が通る場所にあったりすると、ぶつかる可能性はとても高くなってしまう。

その上、裸の状態であることに変わりなないので、傷めるリスクも高いと言えそうだ。

立てて保管する

保管する際にはケースに入れておくのが良いことは分かっていただけたと思う。

ではそのケースをどのように置くかが気になるところでもある。

結論からすると立てて置くことが基本になるので、必ず守るようにしてほしい。

ではなぜ立てて置かないといけないのかとなるが、ネックに負荷がかかってしまうと反りの問題が起こりやすいためである。

したがって保管する際にはヘッドを上にして立てた状態にしておこう。

ただし倒したりしないように置き場所には注意して、心配ならば固定しておくことをおすすめする。

もし縦て置けない場合には、ケースの取っ手が上になるよう、横にして立てておこう。

しかし、決して平置きにはしないように注意していただきたい。

弦のテンション

賛否両論あって難しいのが弦の状態ではないだろうか。

テンションをかけたベースには約70㎏という力が常にかかっている。

それを考えるとなるべく負荷をかけない方が良いというのが、”弦を緩めておく派”の意見ではないだろうか。

それに対してテンションを掛けたままでも、負荷がかかることを見越して作られているため、変形の心配はいらないというのが”緩めない派”の考え方と言える。

ではどちらが正しいかとなると難しいところだが、緩めておく場合には一定の条件を付けておくのはどうだろうか。

それは毎日弾いているのであればテンションはそのままにしておき、1週間以上使わない時は緩めるといった具合である。

緩めるといっても、ペグを1回転~2回転戻す程度にしておき、反りを監視するのだ。

ネックは必ずしも弦を張りっぱなしにしたら順反りになり、緩めておいたら逆反りになとは限らない。

そのため時々は状態を確認しながら、必要に応じて対策をとる必要があるのだ。

もし反りが生じていたらトラスロッドを調整して直すようにするが、慎重におこなわなくてはならないため、自信がない限りショップに相談した方が良いだろう。

環境に注意する

ベースにとって保管環境は直接影響を及ぼすので注意が必要だ。

特に気を付けたいのが直射日光に当てない、高温多湿の場所に置かないことの2つである。

ボディーに紫外線が当たると焼けて変色してしまうことがあるので、絶対に当てないように気を付けたい。

また高温になると、膨張してベースに負担がかかる。そのため閉め切った車の中や暖房機器の熱が直接当たる場所には置かないようにする。

同様に湿気の多い場所での保管も避けたいところだ。

既にお伝えしたようにベースは木製であり呼吸しているため、湿度による影響を受けやすい。

したがって適切な湿度を保ってやらなければいけない。

理想的な湿度は40%~50%とされるが、保管ケースの中に調湿剤を入れて対策すると良いだろう。こうすれば安定した状態を保つことが可能である。

保管方法がベースの寿命を左右する

愛着のある大切なベースであれば、できるだけ長く使いたいと思っているのではないだろうか。

しかし保管方法が悪いと寿命を短くしてしまうので注意していただきたい。

気を付けないと知らぬ間に傷んでいたり、音がおかしい、あるいは操作性が悪くなるといった異常があらわれる。

もちろん使いっぱなしでその辺に適当に置いていたり、日頃のメインテナンスを怠っていても同じことだ。

完全に使えないとまでいかなくても、部分的に交換が必要になることは決して珍しくはない。

そしてすべて自分で対応できるわけでなく、状況次第ではショップでの大掛かりな修理が必要になったりする。

場合によっては新しいベースを買えるくらいの出費になってしまうことさえあるのだ。

それを考えると日頃からの手入れはとても大切であり、同時にしっかりと管理しなければならない。

あなたがベースを大切にする気持ちは、そのままダイレクトに返ってくる。したがってどうしたら良いかを考え実行するようにしたい。

そうすることでベストな状態を維持でき、これからも弾き続けることが可能になるのである。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする