シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服をスッキリと整理するには?4つの収納方法と絶対に守りたいポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

洋服が増えると片付けが大変になるが、あなたはどのようにされているだろうか?

自宅のスペースはどうしても限られているため、きちんと整理しておかないと収納しきれなくなってしまう。

結果的に家中に服が置かれ、乱雑になることが少なくない。

そこで今回は、どうしたらスッキリと片付けられるか。また、そのためにはどうすれば良いかについてお伝えしていきたい。

最後までお読みいただき、収納の悩みを解決する参考にしてほしい。

洋服をスッキリ整理するための準備

たくさんある洋服をスッキリ整理するためには、準備しておくことが重要である。

その準備とは本当に全部の洋服が必要かどうかチェックして、不要なものを分けておくことだ。

あなたが持っている服の中にもほとんど着なかったり、しまいっ放しになっているものがあったりしないだろうか?

気に入って買ってみたものの流行遅れになってしまった、あるいはサイズが合わなくて着れないといった経験をお持ちかもしれない。

それでも勿体なくて、なかなか手放せない気持ちは分からないわけでもない。

しかしこれがスッキリ整理する上で邪魔になり、収納スペースを無駄に使ってしまう原因であることを知っておこう。

そこで、必要性が低いものは思い切って処分することを考えていただきたい。

ただ、そうは言ってもなかなか決断できないこともあるので、最初から大量に処分したりしないで少しずつ始めると良いだろう。

これによって手放すことに慣れると共に、必要か不要かの決断力をアップする練習にもなるのだ。

何度も繰り返していると、後悔したり罪悪感を感じるといったことがなくなってくる。

それに処分といっても捨てるだけがすべてではないので、人にあげたりバザーに出品するなどすれば有効に活用することが可能だ。

こうして残ったものだけに限定すれば、整理の準備はできたと言える。

4つの収納方法を上手に使い分ける

限られた空間でスッキリ収納させるためには、畳み方を使い分けるのも有効である。

保管スペースの広さや使い勝手も考えて、あなたが管理しやすい方法で組み合わせてみてはいかがだろうか。

平置きで収納する

最も一般的なのが畳んで平置きの状態で収納する方法である。

基本的には重さがあってハンガーに掛けておくと伸びてしまう服の場合は、畳んでおくと考えておこう。

だからといって、あまり重ねてしまうとクチャクチャになったりシワができやすいため注意が必要になる。

またコンパクトさに欠けるため、スペースに余裕がない場合には不向きと言えそうだ。

お店のディスプレイでも用いられているように、見せる収納を目的としているのなら良いが、そうでない場合はよく考えよう。

丸めて収納する

収納場所が限られている場合には、丸めて収納するのがおすすめである。

Tシャツやニット類だけでなく、ズボン、肌着、タオルなど幅広く活用できるのが特長だ。

横にして収納するのも良いが、深さがあるのなら立てて入れることで何が入っているか一目で分るので便利と言える。

短所としてはきれいに丸めないとシワになってしまう点だ。

そうはいっても特別に難しいことではなく、タンスやケースの深さにあわせて幅を決めてから、端からていねいに丸めれば大丈夫である。

立てて収納する

立てて収納すれば、スッキリとコンパクトに収納することが可能になる。

平置きのように重ねて置いていないため、どこに何があるのか一目でわかるというメリットもある。

詰め過ぎないように注意しないと、取り出す際にぐちゃぐちゃになってしまうかもしれない。

反対に隙間ができてしまった場合には、ブックスタンドを利用することで倒れにくくなる。

タンスやケースの深さに合わせて畳む大きさを調整し、丁度良い大きさにしておけば無駄なスペースもできにくい。

ハンガーに掛ける

服の量が多いとたたむのが面倒に感じることがあるかもしれない。

そんな時はハンガーにかけて収納しておくことで、手間が省けるだけでなく服選びも簡単になる。

なるべくムダな隙間を空けないように収納しておけば、たくさんの服を掛けておくことが可能だ。

ただ、ハンガーをかけるスペースを確保しなければならず、ラックなども必要になってくるので、余裕がある場合にはおすすめしたい。

重さのある服は長期間掛けたままにしておくと伸びたりするので、その場合は避けた方が無難である。

スペースを有効に活用するには?

洋服を保管しておく場所といったら、タンスやクローゼットだけでなく押し入れを利用することも多いだろう。

しかし、クローゼットや押し入れは、上手に利用しないとデッドスペースになってしまうことがあるため気を付けたい。

特に高さが有効に利用されていないケースが多いので、一度見直してみてはいかがだろうか。

決してぎゅうぎゅう詰めにすれば良いと言っているのではなく、あくまでも空いているスペースが少なくなるように工夫することだ。

空き空間があれば突っ張り棒を使ったり、収納ケースを置くことで収納量のアップにつなげよう。

この際、ケースはなるべくピッタリ入る大きさをものを選ぶようにする。そうしないとデッドスペースができやすく、思ったほど収納できないといった事態を招いてしまう。

また必ず出し入れの動作をシミュレーションしておき、使い勝手をチェックすると良いだろう。

きれいな状態を保つためのポイント

いつまでもきれいな状態に保つには、2つのポイントがあるので気を付けよう。

最も大切なのはすぐに片付ける癖を付けることである。そして、いつも同じ場所に入れるように心がけていただきたい。

最初は面倒に思えるかもしれないが、何度も繰り返すことで習慣化できる。

決して焦る必要はなく、ゆっくりと体に覚え込ませるつもりで続けてみよう。

すると次第にスッキリしていないと気になる、気持ちが悪いと思うようになってくる。こうなったらしめたもので、習慣化し始めた証拠である。

その結果、あなたは意識せずとも片付けたい気持ちが強くなり、自然と行動できるようになるだろう。

習慣が身に付いたら、次は服を必要以上に増やさない努力をしよう。

収納場所は限られているので、量が増えてしまうといくら片付けても容量が足りなくなってしまう。

たまには気に入って衝動買いしてしまうこともあるだろうが、新しく買った分だけは減らすようにする必要がある。

そうしないと結局は収納しきれなくなり、スッキリ片付けることなどできないからだ。

もし欲しいと思ったら、本当に必要かよく考えてみよう。

買うのであれば代わりに処分できるものがあることが、きれいな状態を維持するためのポイントになる。

洋服をスッキリと片付けたいと思ったら、これまでご紹介してきた内容を一つずつ実践していただきたい。

そして継続を心がけていれば、きっと快適な毎日を過ごせるはずである。

Pocket

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富である

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後のサポート体制が充実している

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする