シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームに住むトラブル|知らないでは済まない違法性と危険性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームを借りると、ついつい色んな荷物を保管したくなる人がいるようである。

あれもこれもとドンドン押し込みたくなり、終いには自分も…といったケースがあるのも事実だ。

つまり住んでしまおうってわけだが、これには大きな落とし穴がある。

それを知らないでいると大変なことになり、責任をとらないといけなくなる可能性も出てくる。

くれぐれも軽い気持ちでやらないように注意してほしい。

なぜトランクルームに住む?

そもそもトランクルームに住もうと思ったり、住んでしまうのは何故だろうか?

その最も大きな理由として経済的な問題があげられる。

実際、アパートやマンションを借りると思ったら、東京に限らず地方においても結構なお金がかかるので破格の安さは魅力的だ。

仮に東京でワンルームの物件を借りるとなると、場所によって違うが平均で約6万円~12万円ほどの家賃が必要である。それを考えるとトランクルームの方がはるかにお得だ。

世の中には、事情があって金銭的な余裕のない人はごまんといるので、トランクルームは最高の”住居”になるかもしれない。

トランクルームも屋内型ともなればエアコンが効いているところもあるので、その気になれば住めそうだ。

冬の寒い時、夏の暑い時、梅雨時のジメジメした気候の中でも関係ないとくれば、気持ちが揺れるのも分かる気がする。

毎日とは言わないまでも時々ここで夜を過ごして…いや、それはやっぱりいけないのだ。

居住することの問題点とは?

契約違反になる

契約書には「住居・事務所・物品類の収納以外で使用禁止」というような内容の文言があり、これだけでも住んではいけないと判断が付くと思う。

トランクルーム会社は”荷物を収納するスペース”を貸すサービスを提供している。

これに違反した使い方をした場合、通常は即解約となるだろう。これも契約書にも書かれているはずである。

追い出されてしまっては、元も子もないのだから。

その他にも契約書には細かな決まり事が書かれているので、必ず読んでおくようにしたい。

残念なことに契約書の内容を理解している人はそう多くないように思われる。

”やってはいけないこと”は何も住むことに限らないのだ。今まで問題ないだろうと思い込んでいたことが、実は禁止事項だったというのはよくある。

トラブルさえ起こさなければ借り続けることができるので、くれぐれも気を付けたい。

住むことの危険性

人間が居住するにはそれに適した環境が必要になる。

アパート、マンション、ホテル、旅館は適しているが、工場、事務所は不向きだ。

トランクルームにはビルなどの建物を利用した屋内型と屋外にコンテナを設置したタイプがある。

どちらも本来の目的は荷物を保管するためであり、生活できる基準で作られていない。つまり住むための環境ではないので、健康上の問題が起こらないか疑問だ。

仮に空調管理がされていたとしても、空気も住居ほどきれいとは限らないし結局は物置であることを忘れないでほしい。

また、何か問題が発生したときに疑われたりしないだろうか?

盗難や破損の事件が起こった際に、住んでいた事がわかったらあなたは容疑者になってしまうかもしれない。

そうならないためにも、自分の身の安全もしっかり守りたいものだ。

他の利用者に迷惑

基本的に荷物のみを保管するのが本来のトランクルームの使い方である。

しかし、そこに人が住んでいたとしたらどうであろうか?

そもそも複数の人が共用している設備なので、違和感を覚えるのではないか…というより気持ちが悪くなると思う。

もし、あなたの利用しているトランクルームで住んでいる人を見つけたら迷惑に感じるはずだ。

それは常識から外れている行為を受け入れられないからであり、拒否しているからでもある。

人によっては何か文句を言われることもあるだろうし、それが引き金になってトラブルが起こることも考えられる。

状況によってはケンカや暴力事件に発展する可能性さえあるので、決して住もうとは思わないことだ。

住めなくはないが絶対ダメ

さすがに0.5帖ではきついかもしれないが、2帖もあれば荷物を入れても結構な余裕があるだろう。

ましてやエアコンで温度や湿度までコントロールされていたとすれば、寝れないことはないように思える。

だが実際のところどうかとなると、困った点もあったりする。

最大の問題はトイレが用意されていないことだが、これは結構大変かもしれない。長時間になると我慢しきれなくなってしまうだろう。

そうなると時間的にも短時間に限られてしまうが、トイレだけが理由ではない。

屋内型の場合、管理人がいたりすることがあるので、その時間帯はどうしても使えなくなってしまう。

そうなると夜間から早朝までの短時間しかいることができない。

これが屋外型になると、季節や天候の影響も受けやすいので、もっと厳しくなる。もちろん水道や電源もないのが当たり前だ。

結論として絶対に住めないということはない。しかし絶対に住んではならない。

目的に応じた使い方をする

トランクルームはどんな理由があっても住むことは許されないのである。

ただ、万が一の事故で、多少長い時間そこにとどまることは、例外として許してもらえるかもしれないので、それほど心配はいらないだろう。

ただ、物置でない使い方をしたいのであれば、それなりの物件を探すのが正解だ。

事務所であれば、事務所として利用可能なもの。作業場であれば作業場として、ものを置いたり加工をしたすることが許可されている物件を利用したい。

そうでなければ必ず問題が起こり、責任を取るのは結局あなたになってしまう。

自己責任とも言えなくはないが、あなたの取った行動によって会社や多くの人に迷惑をかけるのだから仕方がない。

万が一にもそのようなことが起きないように、契約内容をしっかりと守って上手に使っていきたいものだ。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする