シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加瀬倉庫のバイクヤードは選び放題?その種類や特長・注意点もチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクを大切にするあなたなら”愛車の保管は完璧”ではないだろうか?

自動車と違ってバイクの場合は、ほとんどの部品がむき出しになっているので、雨風や盗難が心配になる。

当然一番気になるのは保管場所だが、さすがに野ざらし状態というわけにはいかない。

そこでバイク専用の収納スペースの出番となり、加瀬倉庫からもバイクヤードという名前で提供されている。

果たして如何なものか早速見ていきたい。

バイク用コンテナ選びの基本

何事も基本が大切なように、バイク用コンテナを選ぶ際にも基本に忠実でありたい。

その際にあなたの希望はもちろんだが、少なくとも次の5点は押さえておきたいポイントだ。

  1. コンテナの仕様
  2. コンテナの場所
  3. 料金体系
  4. セキュリティ
  5. 補償の有無

契約前には、これらを一つずつ確認しておくことが大事になる。

バイク用コンテナを借りる人がすべて同じというわけではないが、それぞれ様々な要望があるだろう。

例えば、”屋内タイプでないと嫌だ”、”盗難が防止できるセキュリティが備わっていないとダメ”、その他にも場所や料金など色々とあるはずだ。

出来ればすべてを満たしてくれるパーフェクトな施設があればいいのだが、現実にはそんな物件は存在していないのである。

したがって、長所ばかりでなく短所もあるのが当たり前と承知の上、総合的に見て判断するのが良いだろう。

それに、このように考えておかないと必ず不満がつきまとうため、あせらず時間を掛けてじっくりと検討してほしい。

少しくらい時間が掛かっても、確実に選んだ方が結果的にお得になるのだ。

加瀬倉庫のバイクヤードとは?

個別収納型

これは屋外に設置されたコンテナをバイク用の収納スペースに改造したものだ。

サイズは2種類用意されている。

  • バイクボックス:幅約1.3m×奥行約2.6m
  • バイクキャビン:幅約1.3m×奥行約2.7m

共に盗難防止バーがついているので安全性は高いだろう。また、幅広のスロープも完備されて、内部には小物を収納できる棚も付いて便利である。

注意点として、内装がない場合は外気の影響や結露の心配があるので事前に確認しておこう。もしなければバイクカバーの使用がおすすめだ。

また、バイクの幅と長さは必ず測っておき、出来れば20㎝程度の余裕がほしいところだが、試しにポールを2本立ててその間を通れるかチェックしておくと良い。

必要となる幅の目安になるので、無理があったらもっと広い別のタイプを検討しよう。

コンテナ型

コンテナを仕切って1.6帖~4帖までの広さが用意されており、幅と奥行きはタイプによって異なるので確認しなければならない。

ただしバイク専用ではないので、最悪の場合バイクが入らない可能性もある。

内装が施されているので結露の心配はいらないだろうが、屋外に置かれているため気温の影響は受けやすい。

入口には段差があるのでスロープが必要になる。東京・神奈川・埼玉・千葉に限って無料で貸し出しているが、その他の地区では購入しなくてはならない。

ちなみに加瀬倉庫でも販売しているが、幅48cmで長さ103cmと小さめである。出来ればもっと長いのものを用意した方が、傾斜も緩くなるので出し入れも楽になるはずだ。

もちろんドアは南京錠でロックすることができる。

屋内共同型

数人の人が共同でスペースを利用する屋内型の駐車場だ。

入室時はキー認証が必要になっており、契約者しか入ることができないのでセキュリティは最も高いと言える。

さらに室内であるため雨風はもちろん、湿気による錆に対しても、屋外タイプと比較しても明らかに有利となっている。

気になる点としては共同であることだけだが、バイク愛好者同士が利用するものなので滅多なことは無いと思いたい。

それでも何があるかわからないので、盗難防止のロック等は必ず使用しておこう。

そして余計なものは一切置かない、バイクに付けておかないように注意したい。これはどのタイプの駐車場を借りるにしても共通の安全対策であり基本だ。

屋外ライン型

屋外に駐車スペースを設けたタイプで、格安に借りることが可能だ。

最もシンプルなものになるが、屋外であるために雨風からバイクを守ることはできない。

また、設置環境からセキュリティは低いと言わざるを得ない。盗難だけでなく破損といったものまで自己責任となってしまう。

利用する場合には最低でも盗難防止ロックやバイクカバーが必要になる。

野ざらしになると天候による影響を直接受けて傷みも早くなる傾向があるため、くれぐれも注意していただきたい。

バイクヤード選びで失敗しないために

バイクヤード選びで失敗しないためには、バイクをどんな環境で保管したいか、ハッキリさせておくことではないだろうか?

屋外ライン型・コンテナ型・個別収納型・屋内共同型と4種類そろっているので、どのタイプが必要なのかを決めておくと良い。

例えば、駐車スペースを確保することだけが目的であれば屋外ライン型、可能な限り安全で優しい環境を望むのであれば屋内共同型といった具合だ。

これが決まらないことには、やっぱり違うタイプにすれば良かったと迷いが出てくる。

どんなタイプであってもメリットとデメリットは必ずあるので、保管した際の状況をあなたなりに想像してみよう。

保管されているバイクの姿が見えてくると思うが、その時のあなたの気持ちはどうであろうか。

不安が残っているようならきっと満足できないだろうし、反対に安心できた穏やかな気持ちであれば満足できるのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする