シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加瀬倉庫のコンテナを上手に借りるには?ムダのない利用方法と選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームを借りる際に注意したいのは、後悔しないことではないだろうか。

借りてはみたものの、「やっぱり、止めておけば良かった」とか「違う会社を選べばよかった」などと悔やまないようにしてほしい。

借りてしまった後では時間やお金を無駄にするばかりでなく、ストレスまで感じてしまうに違いない。

したがって、しっかりと選ばないと、あなたにとってプラスになることは何もないのだ。

では後悔しないためには何を注意したら良いのだろうか?

トランクルーム選びのポイントとは?

いかにしたら上手に借りる事ができるのか…。

とても大切なことだが、まずはトランクルームを借りたい理由や目的をもう一度まとめてみたい。

このバランスが取れていないと、あなたにピッタリの物件を探すことはできない。

  • トランクルームのタイプ
  • 物件のある場所
  • トランクルームの広さ

基本であるこの3点を可能な限りしっかりと検討しておこう。もちろんあなたが満足できる範囲内でOKだ。

トランクルームのタイプ

選んだタイプはあなたの目的にあっているか。その設備で不足はないか、または過剰になっていないかを確認してみよう。

状況によっては、屋外型のコンテナタイプで十分な場合がある。

逆に、屋内型の方が好ましいこともあるのでじっくりと検討する。屋内タイプであれば保管環境が確実に向上するので、荷物には優しいと言える。

セキュリティの違いも大きく、屋内タイプは二重のロックで安心できる上、警備会社によるチェックもおこなわれている。

仮にこれらが過剰ぎみのサービスであっても、保管する荷物にマイナスになることはないが、利用料金が上がるので出費がかさんでしまう。

それでもあなたにとって価値があるのか、また必要なのか検討してみよう。

物件のある場所

仮に、あなたが希望する場所、地域に複数の物件があったとしよう。

その中から良い物件を選び出して料金の比較をする。そして予算をオーバーしないように、比較しながら検討をおこなう。

いくら料金が安くても不便や不安を感じるようでは意味がないので、使い勝手と料金のバランスを見て決定しよう。

常に行き来する状態であれば、極力近い方が使い勝手が良い。しかし、ほとんど保管したままの状態であれば料金を優先させるのも選択肢の一つだろう。

どちらが満足できるのか判断していただきたい。

トランクルームの広さ

保管する荷物の量に応じて広さを選ぶことになるが、使い勝手や今後の使い方によっても異なるはずだ。

もしも頻繁に出し入れするようであれば、多少の余裕があった方が使いやすく、今後荷物が増える予定の場合も同様である。

反対に”一定期間、決まった量を保管してしておくだけ”といった使い方では勿体ないのでピッタリの広さを選ぶのが良い。 この場合、無駄なスペースは必要ないからだ。  

広さの目安

屋内タイプ

段ボール箱数

0.5帖

12箱

1帖

36箱
2帖

72箱

屋外タイプ

段ボール箱数

2帖

77箱

4帖

168箱

8帖

350箱

段ボール箱のサイズ:幅390㎜×長さ545㎜×高さ312㎜

加瀬倉庫のトランクルームの特徴

屋内タイプ

屋内タイプならではの特徴がいくつかあげられる。

  • 2重のロックで安全性が高い
  • 駅から近い物件が多く便利
  • 少量の荷物にあったタイプを用意
  • 台車があるので出し入れも楽々

施設へ入るための鍵とトランクルームを開けるための2つの鍵が必要になるため、外部の人間は容易に中には入れないようになっている。

駅から近い物件が多いので、移動にも便利である。小さな荷物であれば、車がなくても電車を利用して運び込むこともできる。

中には少量の荷物を保管する方もいるだろう。加瀬のトランクルームでは物件によっては0.2帖から用意されているのもありがたい。

トランクルームを利用する際に大変なのが荷物の運搬であり、いちいち手で運ぶのは面倒で時間がかかる。

そこで用意されている台車を使えば作業効率が上がり、手間も省けるし疲れの軽減にもなる。

屋外タイプ

屋外タイプはコンテナを改造してレンタルスペースとしたものである。

サイズが0.7帖~8帖まで用意されている。

  • コンテナの近くまで車の乗り入れ可
  • 天井に断熱材を使用している
  • 室内型に比べて格安の料金
  • コンテナなので非常に丈夫である

屋外にあるため車をコンテナの近くまで乗り入れて荷物の出し入れが可能である。そのため効率良く作業ができて、時間の短縮にもなる。

天井部分のは断熱材を使用しているので、外気温±5度程度となっている。またコンテナ内の温度は意外と上がりにくい。

料金面においても屋内型と比較すれば格安となっている。そのためコストパフォーマンスが高く借りやすいと言える。

作りそのものの関しては、とても丈夫なことが海上コンテナの特徴である。それを改造して利用しているため、重いものなどが多くても安心できる。

上手に使ってこそ意味がある

どうせトランクルームを借りるならば上手に利用したいものである。

それにはタイプ、場所、広さのバランスが重要なことを認識していただいたと思う。

もし、いずれかに問題があれば最終的には料金に関わってくるので、くれぐれも慎重に進めてほしい。

もちろん金銭面だけではなく、あなたの満足度も大きく違ってくるのは明らかである。

どうせ使うのであれば納得できるものでありたい。それにはどうしたら良いかを考えると、上手に使いこなすことが最も大切であると分かるはずだ。

物件は一つだけではないので、いくつもある中から最も良いと思ったものを選んでほしい。

それをフルに利用できれば、きっと後悔とは無縁の満足感が得られるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする