シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加瀬倉庫の解約はちょっと待て!注意したい違約金と簡単な手続きの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的なものを除いて何かを借りる場合には必ず契約があり、返すと時には解約の手続きが必要になる。

加瀬倉庫でトランクルームを借りる場合でも、契約と解約については注意すべきで、次回のためにもトラブルは避けたいものだ。

”立つ鳥跡を濁さず”ではないが、最後までトラブルにならないように十分に気を付けたい。

今回は加瀬倉庫での解約の方法や注意点、さらには違約金について見ていただこうと思う。

解約のタイミングを間違えない

トランクルームを借りるにも人さまざまで、1ヶ月ほどの短期間の方もいれば数年という長期に渡って借りる方もいるだろう。

いずれにしても、いつかは解約をすることになるわけだが、無関心になりやすいので今からきちんと考えておきたい。

最初から借りる期間を決めてあった場合は別として、特に定めていなかったとしたら少しだけ考えて欲しい。

それは解約のタイミングなのだが、場合によっては損をすることがあるのだ。

よくあるのが月の途中で解約を申し入れたのに、翌月でないと解約できないといったケースだ。

この場合、たとえ使わなくとも翌月分の利用料を支払わなければいけないので、実に勿体ないではないか。

この辺りのことは契約書にちゃんと書かれているはずなので、たとえ契約前であっても確認しておいて損はない。

いざ解約となった際に、知らなかったでは済まないからだ。

加瀬倉庫の場合も規約で決まっているので、理解しておくことが必要と言える。

また気を付けないと発生する違約金にも書いたように、違約金をとられることもあるのでタイミングにはくれぐれも気を付けたい。

完全な日割り料金なら何も問題はないだろうが現実はそうではない。

加瀬倉庫の簡単な解約手続きの方法

加瀬倉庫の利用を解約するには「レンタルスペース解約届書」が必要になる。

このフォーマットはここからダウンロードが可能だ。

記入の仕方が分からない時にはこちらを参照していただけば良くわかるだろう。

解約届書に記入、押印を終えたら、FAX、郵送、メールのいずれかで提出する。

そして送付後は必ず確認の電話を入れるようにしたい。これを怠ると後々トラブルにつながるかもしれない。

連絡した相手の名前もしっかりと聞いておこう。それでも心配ならば会話内容を録音しておけば良いのだ。

提出先

FAXの場合 :045-474-1187(コンテナ)

       045-474-1167(トランク)

メールの場合:info3535@kasegroup.co.jp

郵送の場合 :〒222-0033
       神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11
       加瀬ビル88 第二開発部

加瀬倉庫の規定では解約予定月の前月末までに解約届出書を提出する必要がある。

届け出が完了したら解約月の末日までに荷物を搬出して、翌月の5日までに鍵を返却しなければならない。

例えば5月で解約したい場合

  • 4月末までに解約届出書を提出
  • 5月末までに荷物を全て搬出
  • 6月5日までに鍵を返却

予め案内さてれいる方法での返却、または郵送で返却の場合は普通郵便でカギを送付すれば良い。

送付先

郵送の場合 :〒222-0033
       神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11
       加瀬ビル88 第二開発部

もし不明点があったらここから問い合わせするのが確実で間違いがない。

解約と明け渡しについての規約は以下の通りだ。

気を付けないと発生する違約金

あなたも違約金についてはご存じであろう。

契約に違反した際に支払うお金のことで、罰金のようなものだ。

トランクルームでも規約に基づいて契約されるのが通常で、それを守りながら利用していかなくてはならない。

加瀬倉庫も例外ではなく、違反すると違約金が発生することがあるが、それはキャンペーンの適用期間中に解約した場合だ。

違約金の額は通常の料金とキャンペーン中の料金の差額になり、請求されたら振り込みで返金しなければならない。

加瀬倉庫の場合、割引も50%割引で3月、あるいは半年といった大変お得な内容なので、状況によっては数ヶ月分の支払いが生じる。

つまり、ただムダにお金を払うことになってしまう。

そうならないためにも解約の時期には十分注意して、キャンペーンの割引期間におこなわないようにしたい。

また解約時には原状回復が基本であるため、違約金ではないが修繕費用の請求の可能性がある。

使い方が悪いと、ここでも出費することになり兼ねないので、大切に利用するよう心掛けたい。

解約後に再契約したくなったら

もし解約した後に再び借りたくなったら、新規契約をするしかない。

その場合の費用は諸費用から必要になってしまう。

だが解約の連絡が済んでいても延長できる場合があるのだ。

一旦は止めようと思って解約届書を提出していても引き続き利用できる。当然、初期費用は必要ない。

電話かメールでこちらから問い合わせしてみよう。

ただ、保証金預かりで契約している場合はできないので注意してほしい。つまり通常の契約内容で利用しているなら、まず問題はないはずである。

完全に解約してしまってからでは対応ができないので、「ちょっと待った!」となったら早めに連絡することをおすすめする。

せっかく借りるのだから、上手に利用しないと損である。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルーム

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする