シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームにコンセントは不要?電源の必要性と自分で確保する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代、電気なしでは生活が成り立たなくなっている。

テレビなどの家電を始め、自動車、携帯電話など、あらゆるところに使われており欠かすことができない。

いつでも使いたいときに、誰もが自由に扱えるようになり、大昔のように貴重なイメージは薄くなっている。

電気が使えることが当たり前のようになっているものの、トランクルームの世界では少し事情が違うようだ。

コンセントが必要なケース

トランクルームでコンセントが必要になるケースを考えてみよう。

本来の目的は荷物を保管することなので、基本的には必要がないものだ。

だが自宅であれば、すぐ手の届くところにたくさん設置されている。

外から帰ってきて、部屋に入って照明をつけ、冷蔵庫から食材を取り出し調理する。そして食事をしながらテレビをみる。

たったこれだけの間でも、電気を使い続けてる。しかしトランクルームの中で、電気が必要な場合はあるのか考えてみたい。

何か思い当たるだろうか?

特に屋内型では電気を必要とする器具を使うことがほとんどないのだ。強いてあげれば、掃除のときに使う掃除機くらいのものである。

そして屋外型の場合には、夜間に照明が必要になる程度ではないだろうか。

このように荷物の保管だけの利用をしていると、ほとんど必要ないのが現実なのだ。

コンセント付きのトランクルーム

数は多くないが存在する

実はコンセント付きのトランクルームは存在しているのだ。

数こそ多くないが、あるのも事実でいつでも電気を使うことができるようになっている。

ただしトランクルーム内での利用となるため、できることが限られており、ここで生活ができるというわけではない。

冷蔵庫やテレビを持ち込むことは出来ても、食材を保管したりテレビを見てくつろぐことはできないのが現実である。

では何ができるのかとなるが、会社によっては作業場的な使い方が可能になるケースもあるので、よく確認してから利用する必要がある。

電気料金は利用者が支払う

コンセントを利用したなら当然、電気料金が発生する。

この料金は、利用者であるあなたが負担することになると理解しておいた方が良いだろう。

実際には利用料金にプラスされるのか、それとも利用料金に含まれているのかは確認しておくことが必要になる。

それと利用を制限される可能性もある。それは使い続けると電気料金が高くなるので、これを防ぐために使用制限されることもあり得る。

このあたりも契約前にチェックしておいた方が無難だ。

自分で電源を確保する方法は?

ポータブル電源を利用する

自分で電源を確保するには、発電機やポータブル電源が考えられる。

しかしトランクルーム内での発電機の使用は認められないだろう。そうなると残るはポータブル電源を利用することになる。

最近のバッテリーの品質は昔と異なり、技術の向上により高性能なものが出回っている。

その結果、容量も増え使用可能な時間がずいぶんと長くなった。そのおかげで電気が通っていない場所でも、さまざまな電気製品を使うことができる。

使用可能な電気製品とは?

ポータブル電源にも多くの種類があるが、重要なのは容量だ。スペックをチェックするときは特に”Wh”の値に注目してほしい。

まずはAC100Vで何ワット(W)まで使えるか確認が必要だ。

例えばAC100V・300Wまで使える電源で、AC100V・500Wの製品は動かないので注意したい。

当然ながら消費電力が300w以下の電気製品でないと使えないし、ギリギリでは余裕もない。

したがってあなたが使おうとしている電気製品の消費電力(W)にあわせて、ポータブル電源を用意しないといけないことになる。

どれ位の容量が必要になる?

では一体どれ位の容量が必要になるのか見てみよう。

それには使いたい電気製品の消費電力(W)を調べる必要がある。そして使う時間も決めておくのだ。

例えば消費電力が150Wの製品を2時間使いたい場合に必要な容量を見てみると、150W×2h=300Whとなる。

しかし実際にはこれだと2時間は使えない。その理由は電源容量の70%程度しか使えないのが現実だからだ。したがって正しくは次のようになる。

150W×2h÷0.7=約430Wh

必要な容量の計算

消費電力 × 使用時間 ÷ 係数(0.7)= 必要な容量

ポータブル電源を選ぶ際にはこの容量以上の物を選ばないといけないので、良く確認していただきたい。

電源を使っても問題ないか?

電源を使って電気製品を使う前に確認しておくことがある。

それは規約に違反した行為ではないかということだ。

電気製品を使うということは、何らかの作業をおこなうことになる。その作業自体に問題がないかチェックしておく必要がある。

トランクルーム会社によっては、収納スペース内での作業を禁止しているところがある。

したがって、どこまで許されるのかは貸す側次第となるのでくれぐれも注意してほしい。

せめて掃除や短時間の整理整頓くらいは許可してほしいところだが、こればかりは規約に従うしかないだろう。

もちろん荷物の保管以外に作業的な利用を認めていれば、特に問題は起こらないだろう。

いずれにしても電気製品を使って何かをおこなう可能性があるのなら、契約前に確認しておくのがベストだ。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする