シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームで勉強をしたらNG?利用可能な物件と最適の環境とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたも受験勉強の経験をお持ちではないだろうか。

あるいは今も何等かの試験に向けて、勉強されてるかもしれない。

こんなとき勉強部屋を使ったりするのだが、「なかなか集中できない」とか「環境を変えたい」といったことが起こったりする。

そこで思いつくのが、トランクルームの利用というわけだ。

しかしトランクルームを勉強部屋として利用できるのか。そして勉強するための環境とはどんなものか見ていきたい。

勉強可能なトランクルームはあるか?

結論から言うと勉強部屋として利用できるトランクルームはないと理解しておこう。

これは規約によって長時間滞在することを禁止されているためだ。

しかしその代わりとしてレンタルスペースと呼ばれるものが存在している。使い方が比較的に自由なのが大きな特徴である。

その用途は会議やセミナーといった企業レベルのものから、趣味の部屋や休憩所代わりといった個人レベルまで幅広いのが特徴だ。

広さも様々なものが用意されており、個人用のレンタルスペースであれば勉強部屋として利用することも可能な物件もある。

料金体系もそれぞれに応じて1時間単位、1日単位、1ヶ月単位など色んなパターンに分かれる。

レンタルルームと間違いやすいのだが、レンタルルームの場合には机や椅子などの備品が最初から備わっているので、自分で用意するものはほとんどない。

その反面、室内のレイアウトも決められており、料金も割高となってしまう。

他にもレンタル自習室といったものもあるが、レンタルルームと同様に机と椅子はすでに用意されている。

他の利用者と同室であったり隣り合わせになるため、自分だけで利用したい場合や個室を希望するのであれば不向きと言えるだろう。

勉強するのに適した部屋作りとは?

部屋をレンタルする場合、環境が限られてしまうのは仕方がないことだ。

勉強部屋専用に利用することを前提に設計されていないので、すべての条件を満たすことはできない。

しかし、工夫を施した部屋作りをすれば勉強の効率とやる気アップにつながるはずだ。

机の向きと位置は大切

限られた空間を上手に使って、勉強しやすい環境をつくろう。

まず机の置き場所だが、前側と両側にはスペースを設けて余裕を持たせ、圧迫感を取り除いてやると良い。

そして机の向きは、窓に向いていると外が気になり気が散ってしまうので気を付ける。できれば背を向けるか、横向きまでにとどめておく。

こうしてレイアウトによって効率アップを図る必要がある。

また、ドアは背を向けているより、常に見える方が安心していられるはずだ。

壁に背を向ける形で、背後にあまりスペースをとらない方が集中できる。これは人間の本能にも関わっている。

照明は集中力を左右する

レンタルスペースでの照明は限られており、勝手に交換できないのが現状だ。

照明不足は集中力を低下させるので、追加でデスクライトを利用しよう。

ライトの色合いは昼光色、昼白色、電球色の3種類があるが、勉強のためには昼白色をおすすめしたい。

これは太陽の光に最も近い自然な光になる。

昼光色は少し青みがかかっており、文字もハッキリ見えるが疲れやすい傾向がある。したがって長時間の使用には注意したい

窓があれば、自然光を取り入れてみると良いだろう。気持ちが前向きになるので勉強には効果的と言える。

効率アップする環境作り

部屋の環境はとても重要で、学習の効率に大きな影響を及ぼすことがある。

使いやすい部屋にするためには、スッキリ片付いている方が望ましい。机の上には必要な物だけを置くようにして、効率が落ちないようにする。

参考書などは直ぐにとれるポジションを保つように、棚の位置や置く高さを工夫すると良い。

また、部屋全体の整理整頓を心がけるのも大切になる。 

当然ながら掃除もきちんと行って清潔に保ち、気持ち良く勉強に打ち込める環境を整えておきたいものである。

疲れにくい椅子を使用

椅子は勉強の効率を大きく左右する重要なものだ。

合わない椅子は勉強に集中できないばかりか頭の回転も悪くしてしまう。

座面を調整して、かかとが浮かないベストな高さを保っておき、長時間勉強するときは猫背にならないように気を付けよう。

背もたれを座面に対して直角にしておけば、軽く寄りかかることで正しい姿勢が保てる。

前かがみの姿勢は、首や肩に負担をかけるので疲れる原因になるため良くない。

リクライニング機能があれば疲れたときもくつろぐことができる。

快適な温度に設定する

自宅と違って温度コントロールは難しいかもしれないが気を付けたいところだ。

最も効率が良いとされるのが18〜25度で、勉強する際にも適温と言える。

また、学習する環境としては頭寒足熱が基本になる。上手に温度をコントロールすることで、勉強に集中できる。

したがって冬場の場合は足を温めることを優先させ、夏場は頭を冷やすようにすると良いだろう。

足だけでなく頭まで温かくなってしまうと、眠気を誘うので勉強の妨げになるので注意する。

照明も白熱灯は熱によって頭を温めてしまうため避けたいところである。

トランクルームに適した使い方をする

トランクルームはさまざまなものを保管できて便利ではあるが万能ではないのだ。

利用できる範囲が決まっており、そこから外れた使い方をしてはいけない。

もしも確かに使い方に制限がなければ、アイディア次第で様々な使い方ができるので利用の幅も広がるだろう。

そうなったら、ここで勉強をしたり、寝泊まりすることができれば便利に違いない。

しかし、自分勝手な使い方は多くの人に迷惑を掛けることになるのは明らかで、最終的には自分まで苦しめてしまう。

トランクルームにはトランクルームとしての役割があり、荷物を保管するといった本来の使い方がふさわしいのではないだろうか。

荷物に限定しているからこそ便利に使えて問題が起こりにくいのである。それ以上を望むのであれば、目的にあった環境に変える必要がある。

確かに今は荷物だけかもしれないが、需要の変化と共に今後何等かの変化が生まれる可能性も考えられる。

それまでは荷物の保管に困ることがあったなら、是非ともトランクルームを活用していただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルーム

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする