シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウスピースはどのように保管する?注意すべき点と手入れの重要性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたもマウスピースを使った経験があると思うが、保管はどうされているだろうか?

さすがに使いっぱなしということはないだろうが、しっかりと管理しておく必要がある。

正しい保管ができていないと思わぬ問題が発生する原因にもなるので、十分に気を付けてほしいところだ。

そこで、どのようにすべきか注意点などをご紹介するので参考にしていただきたい。

マウスピースの効果と役割とは?

マウスピースの効果や役割といっても用途によって異なっているのが現状だ。

大きく分けてスポーツと医療の2つの分野で使われているが、共通しているのは”保護”してくれるという点ではないだろうか。

まずスポーツの分野で良く知られているのがボクシングであるが、相手のパンチをもらった時に歯で口の中が傷つくのを和らげるのが主な目的だ。

ボクシング以外でも格闘技全般、ラグビーやアメリカンフットボールといったスポーツにおいても、相手とぶつかった場合の保護の役割を果たしている。

比較的激しい動きをするバスケット、アイスホッケー、レスリング、空手などでは試合の時にマウスピースの着用が義務化されていたりする。

また、脳への衝撃を減らしたり集中力アップの効果を期待して着用されることもある。

このようにスポーツの世界では、安全性の向上や良い成績をおさめるといったことにつながっている。

かたや医療においては、歯やあごの関節にかかる負担を減らすことを目的として使用されている。

歯ぎしりが酷い場合には歯が擦り減ってしまうことがあり、知覚過敏になって歯がしみたりするのを防止するために使われるケースは多い。

また、食いしばりによるあご関節のカクカク感や痛みの対策としても使用される。

さらにはマウスピースによるかみ合わせの改善といった歯の矯正にも役立てられている。

このように多くのメリットがあるマウスピースは、十分な効果が発揮できるよう取り扱いには注意したいものである。

ハードタイプとソフトタイプの違い

マウスピースにはハードタイプとソフトタイプがあるが、それぞれの違いと使い方について見ていこう。

ますハードタイプは硬い樹脂(レジン)でできているマウスピースである。

そのため耐久性の面ではソフトタイプより高く、歯ぎしりがひどい場合や食いしばりが強い場合にも耐えられるのが長所と言える。

一方のソフトタイプは柔らかいビニールやシリコンといった素材でできている。

装着した時にハードタイプより違和感が少ない反面、耐久性では劣ってしまうのが短所である。

しかしスポーツで使用されるマウスピースでは主流になっており、衝撃から口の中を守るだけでなく、ここぞという時の一瞬の食いしばりから歯を守ってくれる。

このようにハードタイプとソフトタイプでは基本的には一緒でも状況や目的によって使い分けられている。

マウスピースの保管で注意すべき点

保管前に洗浄する

保管前には必ず洗浄して汚れを落としておく必要がある。

重要なのは”清潔に保つ”ことであり、そのための手入れを欠かさないようにすることだ。

口に入れておくものなので唾液が付くのはもちろんのこと、菌も繁殖しやすい状態になっている。

マウスピースをしたままで食事はしないだろうが、食後に歯磨きをしないで装着したりすると汚れやすいの気を付けよう。

一度でも装着したら必ず洗う習慣をつけておきたいものである。

洗い方は水かぬるま湯で、柔らかいブラシを使って優しく丁寧にブラッシングすれば良いだろう。

間違っても熱湯を使ったり、強くゴシゴシ磨いてはならない。また、歯磨き粉には研磨剤が入っているため使用しないようにする。

またマウスピース用の洗浄剤も市販されているので、使用方法をきちんと守りながら利用するのも方法の一つだ。

もし使い方を間違えると、劣化させるなど傷む原因になるため要注意である。

ケースに入れて保管

きれいに洗浄したマウスピースはそのままにしておかないようにする。

きれいに洗浄したら埃や汚れが付かないように必ず専用のケースに入れて保管しておくのが基本である。

ただし、保管方法が悪いと変形したり破損につながることがあり注意が必要だ。

マウスピースはあなたの歯に合わせて型をとっているので、変形によって十分な性能を発揮しなくなる可能性がある。

乾燥させて保管?

ハードタイプとソフトタイプでは同じ保管方法ではないため注意が必要になる。

どういうことかと言うと、乾燥させておくものと湿らせておくものがあるので、自分のマウスピースがどちらなのかチェックしておこう。

ハードタイプは乾燥に弱いので、変形したり割れたりし易くなる。そのためケースに入れて水に浸しておく。

外出時には濡れたティッシュや布に包んで、チャック付きのビニール袋に入れて持ち運ぶようにすると良い。

それに対してソフトタイプはしっかりと水分を拭き取って乾いた状態で保管しておく。

水分が残ったまま長期間経つと劣化しやすくなるので、ケースの中も乾燥させた状態を保つことが大切になる。

いずれの場合もマウスピースに応じた保管方法をとるようにしていただきたい。

手入れをしなかったらどうなる?

もしマウスピースの手入れを怠っていたらどうなるだろうか?

最も心配されるのが衛生状態が悪化することによる影響である。

つまり口の中で細菌が繁殖して清潔に保てなくなり、歯周病や虫歯の原因になってしまうのだ。

当然だが口臭が酷くなることもあり、注意しなければならない。

また、口の中には300種類~700種類の細菌がおり、さまざまな病気になるリスクがあるとされている。

そのリスクを減らすためにも、しっかりと手入れをおこない清潔に保つ必要があるのだ。

手入れと言っても大げさなものではなく、”洗浄”するだけのことである。

たったこれだけのことで、口の中と全身の健康につながることを考えれば、多少の手間をかける価値は十分にあるだろう。

マウスピースを保管するのは決して難しいものではない。

しかし、使ったら必ず手入れをしてからしまっておくように心がけていただきたい。そうすれば長期に渡って使用することも可能になる。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする