シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィッグの保管方法と注意点は?手入れの仕方から持ち運び方まで 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ウィッグはコスプレやファッションのアイテムとしてだけでなく、医療用など様々な場面で使われている。

しかし、取り扱い方が悪いと傷める原因になってしまうので気を付けたいところだ。

頻繁に使っている場合は特にそうだが、保管しておく際も注意が必要になる。

そこでウィッグの手入れ方法や注意点、保管の仕方から持ち運び方までご紹介していくので参考にしていただきたい。

日頃からの取り扱いに注意する

ウィッグを使い始めの頃は、誰もが慎重になっているものである。きっとあなたもそうだったに違いない。

ところが慣れてくると徐々に扱いが雑になってしまい、これが原因で傷みが発生することが少なくない。

そうならないためには日頃から大切に扱うように意識する必要がある。

着ける時や外す時だけでなく、持ったり置いたりする時も優しく扱うことが、長持ちさせるコツと言える。

当たり前とは分かっていても、なかなかできないのが現実かもしれない。

しかし取り扱い方によって寿命が変わるのは確かで、傷みや劣化を避けるには正しい扱いをしないといけないのだ。

使ったら必ず手入れをおこなう

使いっぱなしで良いものなど、この世の中でどこを探しても見つからないだろう。

使ったら必ず手入れをおこなうのはウィッグも同じであり欠かせない条件である。

ではどんな手入れをすれば良いかとなるが、それはブラッシングとシャンプーのたった2つであり必要に応じて拭き取りもおこなうと良い。

ウィッグといえども髪型を整えたり、絡まりをほどくためにはブラッシングが必要になる。

他にも使用後に付着した埃や小さなゴミを取り除くという役割も兼ねている。

また、使っていると汗や皮脂といった汚れは必ず付くので、定期的にシャンプーして清潔さを保ちたいところだ。

手入れの具体的な方法については、次の項でご紹介しよう。

具体的な手入れの方法とは?

ブラッシング

ブラッシングの目的は絡まりを直すだけでなく、着用している間についた埃などを取り除くことでもある。

作業はとても単純であり難しくないものの、注意点があるので覚えておこう。

これは地毛でも同じであるが、特にロングウィッグの場合には必ず毛先から少しずつおこない、いきなり根本からやらないようにする。

乱暴な扱いは絡みがとれなかったり毛が抜ける原因になるので、丁寧におこなうのがポイントだ。

この時に使うブラシはウィッグ専用のものがおすすめである。

あまり絡みつくようであればウィッグ用のスプレーを使うと効果的だ。しかし、オイルが含まれているとベタ付くことがあるので使い過ぎに気を付けよう。

スプレーには摩擦や静電気を防ぐ効果がありクシ通りも良くなる。また、艶出しや紫外線から守ってくれるといった商品もある。

臭いが気になるようであれば、消臭効果のあるスプレーも売られているので検討してみると良いだろう。

汚れの拭き取り

ブラッシングだけでは落ちない汚れは、拭き取りをするのが良いだろう。

やり方は簡単で、髪全体を広げるように置いて、濡れたタオルで丁寧に拭き取ってあげるのだ。

この時に生え際(根本の部分)をしっかりと押さえて、傷めないように注意するのがポイントになる。

しっかり乾燥させたらスプレーを吹きながら優しくブラッシングして、全体を整えたら完了である。

シャンプー

ウィッグは使い続けていると、埃だけでなく汗や皮脂が付いて汚れてしまう。

そこで定期的にシャンプーをして、汚れをきれいに洗い落すと同時に清潔さを保つようにしたいものだ。

この時に使うシャンプーはウィッグ専用のものを使い、必ずコンディショナーやトリートメントで仕上げをおこなう。

ウイッグには合成繊維、ミックス(合成繊維+人毛)、人毛の3種類があるので、シャンプーを選ぶ際には自分のウィッグで使えることを確認しておこう。

基本的な洗い方は髪質(素材)によって多少異なるが、必ず水かぬるま湯で洗うようにする。

もしドライヤーで乾燥させる場合は冷風でおこない、温風は絶対に当ててはいけない。

合成繊維の場合

1. ブラッシングをおこない埃などを取り除く

2. この時に絡みがあったら直しておく

3. 洗面器にシャンプーを溶かし10分ほど漬ける

4. 優しく押し洗いをして汚れを落とす

5. 十分にすすいだらタオルで水気を取る

6. ウィッグハンガーにかけて陰干しする

7. 完全に乾いたら専用のスプレーを吹き付ける

8. 全体をブラッシングして整えたら完了

ミックスの場合

1. ブラッシングをおこない埃などを取り除く

2. この時に絡みがあったら直しておく

3. 洗面器にシャンプーを溶かし10分ほど漬ける

4. 優しく押し洗いをして汚れを落とす

5. 十分にすすいでシャンプーを洗い流す

6. 洗面器にコンディショナーを溶かし3分ほど浸ける

7. 十分にすすいでコンディショナーを洗い流す

8. タオルで水気を取る

9. ウィッグハンガーにかけて陰干しする

10. 完全に乾いたら専用のスプレーを吹き付ける

11. 全体をブラッシングして整えたら完了

人毛の場合

1. ブラッシングをおこない埃などを取り除く

2. この時に絡みがあったら直しておく

3. 洗面器にシャンプーを溶かし10分ほど漬ける

4. 軽く丁寧にブラッシングをしながら洗う

5. 十分にすすいでシャンプーを洗い流す

6. 洗面器にコンディショナーを溶かし3分ほど浸ける

7. 十分にすすいでコンディショナーを洗い流す

8. タオルで水気を取る

9. ウィッグハンガーにかけて陰干しする

10. 完全に乾いたら専用のスプレーを吹く

11. 全体をブラッシングして整えたら完了

ウィッグの保管方法と注意点

ウィッグは見た目以上にデリケートな一面があるので、保管の際には傷めないように注意しなければならない。

まず保管する時は型崩れしないようにすることが第一である。

特にロングウィッグになると変なクセがついたりしやすい。それを防ぐにはウィッグスタンドやウィッグ用マネキンを使うのが理想的だ。

また、狭い所に押しこんで保管するのは厳禁である。せっかくきれいに整えてもくしゃくしゃになってしまっては元も子もない。

それを防ぐには収納スペースに多少の程度の余裕をみておこう。

もしウィッグスタンドを使うことができないのであれば、購入時の箱に入れて保管しておくのも一つの方法と言える。

ただし、そのまま入れるのではなく新聞紙や雑誌を丸めて、その上からウィッグを被せて変なクセがつかないようにしておくのが良いだろう。

ウィッグも数が増えてくると保管が大変になるため、引き出しタイプのボックスを用意してその中に入れてしまえばスッキリと効率的に収納できる。

その際、どのウィッグが中に入っているのか分かるようにラベルを貼っておくと便利である。

保管場所は劣化やカビを防ぐためにも、直射日光の当たらない風通しが良いところを選ぶようにしたい。

もし湿気が気になるようであれば、除湿剤や乾燥剤の使用をおすすめする。

このように対策をすることで、お気に入りのウィッグを少しでも長く使いたいものだ。

傷めないように持ち運ぶには?

ウィッグは必ずしも自宅で付けるとは限らないので、イベント会場などに着いてから装着することもある。

そんな時、あなたはどのようにされているだろうか?

まさかとは思うが畳んだり、ぐるぐる巻きにしていたら大間違いなので、すぐに改めてほしい。

理由は簡単でウィッグが型崩れしたり変なクセが付くばかりでなく、傷める原因になってしまうからだ。

それを防ぐためにも運ぶ際にはストレスをかけないようにすることが重要になる。

例えばセットしていないウィッグの場合、静かに裏返してしまえばOKだ。そして圧迫しないように袋に入れて運べば良く、ショートウィッグやミディアムウィッグで応用できる。

もしくは新聞紙を丸めてそこに被せて、さらに頭頂部側からヘアネットをかけて持ち運ぶようにするのも良いだろう。

反対にセット済みであれば、ウィッグ用マネキンやウィッグスタンドを使い、さらに箱に入れておけば安心だ。

ロングウィッグでは髪を左右どちらかにまとめてクリップで挟んだら、首の周りに巻くようにして箱に収納する。

入れる箱は段ボール箱でも問題ないが、隙間にはエアパッキンや新聞紙、ミラマットなどを緩衝材として、詰め過ぎないようにふんわりと入れておこう。

そして運ぶ際にも衝撃を与えないよう十分に注意したい。

これまでご紹介してきたようにウィッグを扱うには手間がかかるが、長く使うためには必要なことばかりである。

時には面倒に思えることもあるだろうが、基本に忠実におこなっていただきたい。

Pocket

おすすめのトランクルーム

おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富である

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後のサポート体制が充実している

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意