シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツをきれいに保管する方法とは?長く着るために絶対に守りたい5ヶ条

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはスーツの保管をどうしているだろうか?

仕事などで普段から着ているものもあれば、礼服のように特別な時しか着ないものもある。

ただ、いずれの場合も手入れや保管には気を付けないと、長く着ることができなくなってしまうのだ。

そこで今回は、スーツをきれいな状態に保つ方法をご紹介するので参考にしたいただきたい。

普段から簡単な手入れを怠らない

ブラッシングをおこなう

スーツをきれいな状態で長持ちさせるには、日頃からの手入れがとても大切になる。

スーツには埃や花粉などの汚れが付いているので、必ずブラッシングをしてきれいにしておくようにしたい。

専用のブラシを使って、生地の汚れをかき出すように丁寧におこなうことが大切だ。

基本はハンガーにかけた状態で上から下に向かって、一方向に汚れを払い落とすイメージになる。

ブラシの毛が直角に当たるようにして、サッサッとリズムよくおこない、往復させないように注意してほしい。

襟の部分もかき出すようにブラッシングをおこなうと良いだろう。

ブラシは豚毛または馬毛がおすすめで、豚毛の方が固いのでデリケートな生地の場合には軽目におこなうのがポイントだ。

ブラシも使っているとだんだんと汚れてくるので、手入れが必要になる。定期的にメインテナンスをしてあげよう。

方法は簡単で、まず金クシを使って根本から先端に向かってとかし、出てきた埃などを取り除く。

もしブラシの毛が汚れているようなら、固く絞ったタオルで拭いてきれいにするが、絶対に洗ってはいけない。

また、ハンガーに掛ける時にはポケットの中身を全部出しておくことが大切である。

重いものを入れたりすると型崩れを起こしたり、生地が伸びる、シワになるといった問題が発生する可能性が高くなるからだ。

シワや折り目の手入れ

1日中着たスーツはどうしてもシワになりやすいものだ。

そのままにしておくと見た目が悪いばかりでなく、傷める原因にもなるので取り除いてあげよう。

最も効果的なのはスチームを当てることだ。つまり湿気を与えることでパリッとさせることが可能だ。

簡単に済ませるには霧吹きをかけて一晩おけばOKである。

短時間で確実にシワ取りをおこなうのなら、ハンディースチーマーを使うのが効率的と言える。

いずれの方法も湿気が残っているとカビや臭いの原因にもなるので、よく乾燥させるように気を付けていただきたい。

ズボンのシワや折り目が消えかかっているのも直しておきたい。

アイロンを利用しておこなうが、直接あてないことが重要である。必ず当て布を使ってテカリや傷みを防止しよう。

温度にも気を付けて、素材にあった設定をおこないたい。

洗濯表示などで素材の確認ができる場合は良いが、そうでない場合には低温から少しずつ温度を上げてみると良いだろう。

同じスーツを毎日着てはいけない

毎日同じスーツを着続けるのは、傷める原因となるので避けたいところだ。

目安として1日着たら手入れをおこない、2日~4日休ませるペースで着ると長く着ることができる。

ところが毎日着ていたとしたらどうだろう。

スーツは外気や日光などにさらされることがあるばかりか、自然と埃や汚れも付いてしまう。

これが毎日繰り返されていたら、スーツにかかる負担は大きくすぐに傷んでしまうのが目に見えている。

汚れたらクリーニングに出せば良いと思われがちだが、あまり頻繁におこなうのは生地にとっても悪影響があるのだ。

その結果、本来なら何シーズンも着られるものが、たったの1シーズンしかもたないといった事態になりかねない。

いくら大切にしているつもりでも、毎日着るというのはある意味リスクを承知の上ですることである。

本当に長持ちさせたいのであれば、ローテーションを組んでおく必要が出てくる。

ではスーツは何着あったら十分と言えるのだろうか?

その答えは3着以上となる。その理由は休ませるために最低2日は必要になるからである。

休ませている間に手入れをおこなうことで、きれいな状態で着れるばかりでなく、長持ちすることにもつながるのだ。

長期保管で絶対に守りたい5ヶ条

クリーニングをする

衣替えなどで長期保管となると日々の手入れだけでは不十分だ。

何回も着ていると生地の中まで汚れていたり、シミや臭いといったものが付いていることがある。

これをそのまま保管してしまうと、虫食いやカビの原因にもなってしまう。

そのため長期保管の前には必ずクリーニングに出して、きれいな状態でしまっておくように心がけよう。

また、クリーニングにはドライと水洗い(ウェット)の2種類があるのでどちらかを選ばないといけない。

ドライの場合は、皮脂、口紅、ファンデーション、料理の油などの油溶性の汚れに効果的である。

一方の水洗い(ウェット)は汗、しょうゆ、ジュース、ビールといった水溶性の汚れに適している。

ただ、どちらを選べば良いか迷ってしまうこともあるだろう。

そんな時にはクリーニング店に相談してから決めるようにすると良い。この時にシミがあるとか汗をかいたなどの情報も伝えておこう。

ハンガーを選ぶ必要性

スーツはハンガーに掛けて保管するのが基本だが、何でも良いわけではないので注意したい。

まずは型崩れしないものを選ぶ必要がある。

ではどんなものが良いのかというと厚みがあり硬くてしっかりしたもので、特にブナの木でできたハンガーは丈夫でおすすめだ。

端の部分の厚みが4cm~7cm程度あるのが好ましい。

一般にはスーツ、ジャケット用で売られているので、その中から選べば問題ないだろう。

間違ってもシャツ用ハンガーや洗濯用ハンガーを使うことのないように気を付けていただきたい。

そして大きさ選びも重要になってくるのだ。

ジャケットの肩幅を測って、それより1cm~4cmほど短いものを使うようにすると良い。

いろんなサイズが揃っているので、ここは妥協せずにしっかりと選ぶようにしてほしい。

ズボン(スラックス)はたたんで保管すると、シワになってしまうことがあるので、専用のハンガーを利用する。

ハンガーはズボンをクリップ2つで挟むタイプより、全体を挟み込むタイプを選んでおこう。

使い方はセンタープレスラインをそろえて、裾を上にしてシワのないように吊るしておけばOKだ。

カバーをかけておく

クリーニングの際にお店がかけてくれるビニールのカバーは取り外してしまおう。

これは保管用ではなく、移動時に汚れたり埃が付くのを防ぐためのものだ。

ビニールをかけたままでは湿気がたまりやすい。したがって、通気性の良い不織布などのカバーを使うようにする。

湿気はカビの原因となるので、クリーニング後のきれいな状態を保つためにも交換しておこう。

また、ビニールは臭いが付くことがあるので要注意だ。

いくらクローゼットの中といっても、埃がゼロとは言えない。

長期間入れておくとスーツに埃が付くことも考えられるが、カバーをかけておけば防げるので、是非とも使っていただきたい。

虫食いから守る対策

スーツの保管で頭を悩ますのが、虫食いではないだろうか。

あなたも大切にしていたスーツをいざ着ようと思ったら穴が・・・といった経験をお持ちかもしれない。

しばらくしまっておいただけでも虫食いになることがあるので要注意だ。

長期保管の前にはクリーニングをして清潔になっているが、ここで安心してはいけない。

いくらきれいにしていても何も対策をしなければ、被害に遭う確率は高い。

そこで防虫剤の登場となるのだが、匂いのないピレスロイド系のものを使っておけば間違いないだろう。

便利な防虫カバーも市販されているので、利用してみるのも一つの方法だ。

匂いのあるナフタリンやしょうのう、パラジクロルベンゼンといったものも使えるが注意点がある。

それは絶対に混ぜて使ってはいけないという点だ。

もし混ぜて使ってしまうと、溶け出してシミになってしまうことがある。そのため必ず1種類だけを使用してほしい。

保管環境に注意する

長期保管の際には保管環境にも十分気を付けていただきたい。

さすがに劣悪な環境で保管はしないと思うが、スーツを守る環境を確保するために心がけたい点がある。

まず保管場所に埃が溜まっていることのないようにしておこう。

収納場所としてはクローゼットや洋服ダンスがほとんどだと思うが、意外と汚れていることがある。

定期的にチェックをおこない、汚れていたなら掃除をしてきれいな状態で利用したい。

次に湿気もスーツを傷めるので気を付けてほしい。

クローゼットも洋服ダンスも普段はほぼ密閉状態になっているので、中に湿気がこもりやすい状態と言える。

日本は平均湿度が60%~70%ほどあるため、カビが生えやすいのだ。

そのため保管場所は除湿剤を使用して湿気を取るように心がけよう。

また、できれば虫干しをするのも効果的である。

特にめったに着ない礼服はずっと入れたままになり、他のスーツよりもカビやすいかもしれない。

やり方は簡単で、梅雨時を除いた良く晴れた日の午前10時~午後2時位の間に、風通しの良い日陰で干すだけでOKだ。

終わったらブラッシングをしてから収納しよう。

保管したままの状態はとても危険

スーツの寿命は3年~4年と言われているが、扱いが悪いともっと短くなってしまう。

しかし手入れをしっかりとおこなうことで長い期間にわたって着ることができる。

そのためには丁寧に扱うことがとても重要であり、長期保管の際は特に気を付けたいところだ。

クリーニングをおこなってきれいにする、防虫剤を使って虫食い対策をする、保管環境に注意する、この3つは絶対に欠かせない。

また、保管しっぱなしは危険であり、定期的にチェックをおこなうことが大切になってくる。

本当に大丈夫なのか、あなた自身の目で見て確認する必要があるだろう。

”そこまでしないといけないの?”と思われるかもしれないが、万が一のことを考えるとやっておいた方が無難だ。

スーツの状態や防虫剤の有効期限、除湿剤の効果が続いているかなど問題がなければOKだ。

こうしておくことで大切なスーツを安心して保管することができるので、ぜひとも実施していただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする