シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服をトランクルームに保管するには?よく起こる3つの問題と予防対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

あなたは今、洋服の収納で悩みを抱えていないだろうか?

収納しきれない服は部屋が散らかる原因になるばかりか、見た目にも良いとは言えない。

そこで思いつくのがトランクルームである。

季節外れの服や、しばらくとっておきたい服などを保管するにはとても便利だ。

しかし「トランクルームに保管して、本当に大丈夫なんだろうか?」といった不安を感じるかもしれない。

では実際に起こる可能性のある問題とは何だろうか?

そして、どんな点に気を付けたら良いかを知っていただき、安心して使える方法を一緒に考えていきたい。

トランクルームで起こりやすい3つの問題

洋服にカビが発生した

洋服の保存でもっとも心配なのが”カビ”ではないだろうか。

カビにも種類が沢山あるが、衣類には黒カビや赤カビなどさまざまはカビが発生する。

発育する温度には5℃~35℃程度と幅があり、温度25℃以上、湿度75%以上になると活発になるが、梅雨時にカビの発生が多くなるのはこのためだ。

しかし実際には梅雨以外でも油断できないので十分に注意したい。

カビが生きるためには温度や湿度だけでなく酸素や栄養分も必要になるが、トランクルームの中には十分な酸素も栄養分もあるのだ。

酸素はともかくとして、栄養分などはどこにも無いように思われるかもしれない。

しかしカビは埃の中にある人間のフケ、ダニの糞や死骸といったもの以外に、木材などの建材、プラスチックでさえ栄養分としてしまうほど”たくましい”のである。

不快な臭いがする

臭いの原因はさまざまあるが、よくあるのがカビや雑菌といったものになる。

湿気であったり洗い残しの皮脂や雑菌が原因で、長期保管の間に臭いを発生しててしまうケースがある。

その臭いはカビであれ雑菌であれ、とても不快なものだ。

保管前の手入れや保管状態が悪かったことにより発生する臭いだが、決して防げないものではない。

正しい保管方法を知って実行さえすれば予防することが可能なのだ。

心地良い香りは香りはリラックスさせたり幸せな気持ちにさせてくれる。しかし悪臭は人を不快にさせてしまう。

確かに少しくらい臭いからといって肉体的ダメージを受けるわけではないが、やはり臭わないに越したことはない。

虫食いで穴が開いた

衣類の汚れが落ち切れていないと虫食いの原因になる。

害虫の種類としてはイガやコイガ、カツオブシムシといったものになるが、温度が15℃~25℃、湿度が60%程度あれば活発に活動する。

つまり、ある程度暖かくて湿気のある環境を好んでいるというわけだ。

そして、これらの害虫に食べられてしまうと、見事に穴が開いてしまうのである。

害虫が服に付くきっかけは様々だが、外に干した洗濯ものから持ち込まれる場合も多い。

もちろん家の中にいることもあるので、こまめにブラッシングして落しておくことも有効と言える。

特にウールやシルク、カシミヤといった動物性繊維を好んで食べるので注意しないといけない。

その次が麻や綿などの植物性繊維になる。本来は化学繊維に虫は付かないが、汚れがあると一緒に食べられてしまうことがあるので注意したい。

洋服を保管するにあたって注意する点

長期間の保管になった場合、カビや臭い、虫食いがどうしても気になることだろう。

これらを防ぐために、保管前にやっておくことがあるので必す実行していただきたい。

何事もそうだが、なってしまってからでは遅すぎるので、予防を第一に考えて対策することが大切になる。

汚れは取り除いておく

保管前には必ず汚れを取り除いておく必要がある。

常識ではあるが清潔にしておいていただきたい。もし、洗濯した後に時間が経っているものは、保管前にもう一度洗うと安心できる

特に夏場に着た服であったり着る機会が多かったすると、皮脂などの汚れが想像以上に残っていたりする。

その汚れを残したまま保管すると、臭いや黄ばみ、さらには虫食いになってしまう可能性があるのだ。

自宅で洗っても汚れが落ちないようであれば、クリーニングをおこなって清潔にしておこう。

保管前によく乾燥させる

衣類は良く乾燥させてから保管することが大切である。

湿気をもったまま衣装ケースなどに入れてしまうと、カビや臭いが発生する原因となってしまう。

そして、ここで一点注意してほしいことがある。それは、いくらしっかりと乾燥させても、時間が立てば湿気を吸ってしまうという点だ。

なので乾燥後はなるべく早く片付けるように心がけ、昼間の晴れているタイミングでおこなうのが理想的である。

また、高温の乾燥機を使ったりアイロンをかけると良く乾くだけでなく、熱によって害虫やその卵を死滅させることが可能なので積極的に利用したい。

詰め込み過ぎはいけない

トランクルームに保管する場合に、衣装ケースを使用することが多いかもしれない。

その場合、くれぐれも詰め込み過ぎには注意していただきたい。

衣類どうしの間に隙間がないと防虫剤を使っても成分が届かないばかりか、しわ、型崩れの原因にもなる。 

あまりにも服が多いようであれば、この際に断捨離して整理するのも一つの方法だ。ほとんど着ない服があればいい機会かもしれない。

断捨離については断捨離でトランクルームもスッキリ!片付け上手は便利に賢く使い上手を参考にしてほしい。

除湿剤や防虫剤を使う

衣類の保管には除湿剤や防虫剤を使うようにしよう。

トランクルームでは自宅と違い保管したままになることが多い。気が付いたらカビが発生していたり、虫にやられてしまったというケースもある。

湿気についてはしっかりと対策をしておくことを強くおすすめする。

除湿剤や乾燥剤は定期的に交換するようにして、効果を持続させるようにしていただきたい。

防虫剤は臭いが気になるようであれば、ピレスロイド系を使うのが良いだろう。ナフタリンやパラジクロロベンゼンのような臭いはしない。

また、どんな防虫剤であっても、必ず衣類の上に置いておくことが必要だ。こうすることで成分が効率よく全体に広がってくれる。

注意点として、衣装ケースは外気を遮断できるので効果的だが、使いすぎは人体への影響が心配なので使い過ぎないこと。

また、種類の異なる防虫剤を混ぜて使用すると、溶けだしてシミをつくる原因にもなるので注意したい。

衣類カバーを使うのであれば防虫、防カビ、防臭加工がされているものが望ましい。

洋服の収納にトランクルームは不向き?

洋服の収納にはどうしてもスペースが必要になる。

特に日本のように四季があると、季節ごとに服を揃えなければならないのも原因であろう。

そのため備え付けのもので足りないときは押し入れを利用したり、それでも足りなければクローゼットや洋服ダンスを別に購入することになる。

そんな時にトランクルームは使い方次第でとても便利に利用することができる。

ただ、これまでお伝えしてきたように保管しっ放しにせずに、後々問題が起こらないような予防や対策をしておくのがベストである。

予防や対策といっても、自宅の延長で特別なことをしているわけではない。

普段からしていることを、確実におこなおうだけに過ぎないのだ。

ただ少しの注意と行動さえあれば、洋服の保管も十分に可能と言えるだろう。

保管にピッタリなトランクルームとは?

トランクルームを利用するなら、屋外型よりは屋内型の方が明らかに有利だ。

その理由は屋内型であれば空調を完備しているところも多く、温度や湿度が安定しているため問題も起こりにくいと言える。

料金は高めになってしまうが、デリケートな物の保管にはこちらを選びたい。

もちろん屋内型でも空調がない施設もあるので、その点はよく確認しておいた方が安心だ。

それに対して屋外型では温度や湿度がコントロールされていないため、外気に近い状態になってしまう。

だからと言って絶対にダメかとなるとそうではない。

ただ、絶対的な環境の違いはどうしようもないので、大切な衣類を傷めないためには屋内型で空調を完備している施設が良いだろう。

その上でこれまでお伝えしてしてきたように、自分でできる対策はしっかりとおこなわなくてはならない。

トランクルームは自宅に置けない洋服を保管しておくにはとても便利である。

それだけに油断することなく上手に使っていただきたい。

Pocket

おすすめのトランクルーム

おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富である

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後のサポート体制が充実している

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする