シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーツの保管はこれさえ守れば安心!コツとポイントを押さえた方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはブーツをどのように保管しているだろうか?

次のシーズンも履きたいのであれば、それなりに備えておくことが大切になる。

もし使いっぱなしで保管していたら、今からでも良いので手入れをしてから保管するようにしてほしい。

今回はブーツを保管する方法と、手入れの仕方を中心にご紹介していきたい。

日頃からの手入れが必要な理由

ブーツは日頃からの手入れを怠ると長く履くことができなくなってしまう。

これは何もブーツに限ったことではないが、メインテナンスをした場合としない場合では明らかな違いが生じる。

あなたにも経験があるかもしれないが、大切にしているものは自然と丁寧に扱うようになるものだ。

少しでも汚れようものならきれいに磨き上げ、悪いところがあれば修理をおこなうといったことをする。

その結果、いつまでも良好な状態を保てると同時に長く使えることにつながっている。

ブーツは屋外で履くことがほとんどなため、雨や雪で濡れることもあれば砂や埃が付いて汚れることもあるだろう。

その他にも直射日光の影響を受けたり、擦れて傷が付くことも考えられる。

もしその状態のままにしておいたら、傷みがもっと酷くなってしまうのは当然のことだ。

それに問題が起こるのは何も外側だけでない。ブーツの内部が汗で湿ったり臭いを放ったりすると、不快な思いをすることになる。

そればかりではなくカビが発生する原因にもなりかねない。

これらを防ぐためには日頃からの手入れを欠かさないことが大切になってくる。

保管前のブーツの手入れ方法は?

ブーツはシーズンが終わったら必ず手入れをして保管しておかないとけいないが、どのようなことをしておけば良いのだろうか?

手入れ方法は素材によって異なることがあるので注意が必要になる。

そこで本革、合成皮革、スウェードに分けてご紹介していくので参考にしていただきたい。

本革

本革の手入れはブーツについた汚れを落とすことから始めよう。

それには馬毛ブラシを使って表面についた埃や汚れを取り除くのだが、細かいところもしっかりとブラッシングしてきれいにする。

この時、力を入れ過ぎると傷になることがあるので、あまり強く押さえつけないのがコツである。

ブラッシングだけで落ちない汚れは、専用のクリーナーを使うと良いだろう。

クリーナーは靴に直接塗らず、布に付けて使うようにする。あまり多く使うとシミの原因にもなるので、量は少なめにして様子をみながら磨くことが大切だ。

きれいになったら保護クリームを全体に塗って潤いを与えてあげよう。

その後、もう一度ブラッシングをおこなって余分なクリームを取り、最後に布で磨き上げたら完了である。

もし水シミや油シミ発見したら、この機会にきれいにしてから保管するようにしたい。

水シミは固く絞った布でたたきながら汚れた部分と周辺に水を浸み込ませ、シミをぼかしたら乾くまで待つだけである。

油シミの場合、クリーナーが販売されているのでこれを利用するのが最も手っ取り早いが、自信がない場合にはプロに任せよう。

合成皮革

合成皮革の手入れは、本革の場合とほとんど同じと考えておこう。

まず埃や汚れを落とすためにブラッシングをおこなうが、傷を付けると剥がれの原因にもなるので強すぎないように注意する。

この際に細かいところの汚れもかき出すようにブラッシングするのは本革と同じだ。

汚れがひどい場合には水に濡らして絞った布でていねいに拭きとってあげよう。

そのあと、表面についた水分を乾いた布で拭いておく。

水分が残ったままの状態にしておくと加水分解によってボロボロになってしまうことがある。

特にポリウレタンの場合には時間とともに劣化が進んでしまい、防ぐことがきでない現象でもある。

それでも落ちない場合は専用のクリーナーを布に付けてきれいにした後、乾拭きして仕上げる。

最後に合成皮革用の保護クリームを全体に塗り、再度乾拭きをおこなったら完了だ。

スウェード

スウェードの場合は専用ブラシか豚毛ブラシを使って埃をかき出すようにブラッシングする。

この際、最初は毛足に逆らってブラッシングをおこなうときれいになりやすい。

全体をかけ終わったら、次は毛足に沿って整えるようにおこなう。

もし汚れががあった場合には、消しゴムを使ってきれいにする。専用のものでなくともかまわないが、白色で汚れてないものがおすすめだ。

消しゴムが汚れていると、スウェードに汚れが移ってしまう事があるので注意しよう。

また、シミがある時には専用のクリーナーを使って落とすと良いだろう。

スプレー式のものが便利で、全体に吹き付けた後に濡れたきれいな布で拭き取って仕上げるだけである。

丸洗いという方法もあるが、そこまで汚れているようならプロに依頼した方が無難と言えるだろう。

きれいになったらスウェード用の保革スプレーを吹いて、乾燥後に再度ブラッシングしておけばOKである。

ブーツの保管はこうすれば安心

手入れが終わったら、いよいよ保管となるわけだがいくつかの注意点がある。

まず保管の前には陰干しをおこない乾燥させてから保管することが大切になる。風通しの良い日陰で、しっかりと干して湿気をとってあげよう。

特に本革の場合にはカビが生えやすいので、湿気には気を付けたい。

そして保管の際にはビニール袋に入れたりしないようにする。通気性がなく湿気が溜まりやすいので注意してほしい。

もし使うのであれば不織布が通気性があって、傷からも守れるのでおすすめだ。

どうしても湿気が気になるようなら、靴用の乾燥剤を使うのも方法の一つである。

ブーツは下駄箱に入れっぱなしにしないで、1ヶ月~2ヶ月に1回程度出して虫干しするのが良いだろう。

また保管の際には必ずブーツキーパーを使い、型崩れや傷みを防ぐようにしたい。大切なブーツならば、きれいな形を維持しておきたいものだ。

ここまでブーツの手入れと保管についてお伝えしてきた。

ポイントをしぼってコツさえ押さえておけば、大丈夫なことが分かっていただけただろうか?

シーズン中は大活躍してくれるブーツだが、オフにはしっかりとメインテナンスをおこなって長く履いていただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする