シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新品タイヤはどうやって保管する?安心できて確実な方法はあるか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤは消耗品であり、擦り減ったら交換しなければ安全を確保できない。

そうは言っても決して安い買い物ではないので、定価で買っていたのでは経済的な負担も大きくなってしまう。

となれば安く手に入る時に、買っておきたいと思うかもしれないが、どのように保管したら良いか気になるところだ。

そこで新品タイヤを保管する上での注意点について見ていきたい。

正しい保管をすべき理由は?

タイヤを正しく保管するのは、きちんとした理由がある。

その理由とは”劣化”の問題であり、タイヤの品質や性能を低下させる原因となっているからだ。

劣化といっても様々な要因があり、紫外線や熱、水、さらにはオゾンといったものまでが影響を及ぼしている。

また、短期間で大きな変化があるわけではないので、なかなか気付きにくいのも確かだ。

しかし品質の低下したタイヤはひび割れが発生したりして非常に危険であり、いつ走れなくなるか分からない怖さがある。

そのため日頃からチェックをおこない、異常があったら絶対に使用してはならない。

もし気付かずに履いてしまうと最悪の場合、パンクやバーストによって事故につながる可能性が出てくる。

それを避けるためには正しい保管をすることが必要であり、いい加減な管理をすることができないのだ。

管理の違いは保管期間が長くなるほどはっきりと現れてくるので、しっかりとおこなうようにしたい。

守るべきことをきちんと守れば、タイヤの寿命を延ばすことにもつながる。

したがって難しいとか出来ないというのではなく、少しでも良い状態を維持するように心がけていただきたい。

新品タイヤの保管方法とは?

保管環境の選び方

タイヤの劣化を最小限に抑えて保管するには環境がとても大切になる。

いかに傷めないで良い状態を保つかは、保管する側にとっては最も悩まされる問題ではないだろうか。

そこで大切になるのは直射日光などの光が当たらないところを選ぶことである。

繰り返しになるが、タイヤは紫外線や熱といったものに弱い。そのため環境をしっかりと管理しておく必要がある。

他にも温度や湿度も気になるところだが、雨ざらしになっていたり異常な条件下でない限りは心配いらない。

つまり一般的な気候の下で屋内保管されていれば問題ないと考えて良いだろう。

ということはガレージでの保存でも大丈夫であり、空調のきいたトランクルームならばもっと優しい環境ということになりそうだ。

タイヤの保管状態

ホイールが付いていない状態では、縦積みでも横積みでも良いとされている。

したがってあまり神経質になる必要はなさそうに思えるが、次の点に注意しておこう。

まず短期間の場合には保管には、都合の良い置き方でも大丈夫と言えそうだ。

しかし長期間にわたって横積みしておくと、タイヤの側面に負担がかかってしまうので、あまり好ましくない。

この場合には立てておいた方が良いが、ラックがあれば便利と言えそうだ。ない場合でも、段ボールやスノコを敷いて対応が可能だ。

そしてできれば、1ヶ月に1回程度はタイヤを回し、接地面を変えてやると変形防止にも効果的である。

また、タイヤに埃を付けないようにするために、簡単なカバーをかけておくと良い。こうすれば、内部にまで埃が溜まる心配もなくきれいな状態で保管できる。

保管が可能な期間

新品のタイヤは何年くらい保管が可能なのだろうか?

保管しておくには本来の品質や性能を維持した状態であることが前提で、実際に走行しても問題ない状態が要求される。

品質等を無視して単純に保管しておくだけであれば5年以上は可能だろう。

しかし知りたいのは、現実的な数字と理由だ。

スタッドレスタイヤの場合、2シーズン前のタイヤでも同等の性能を保つことが、タイヤ公正取引協議会によって発表されている。

そして夏用タイヤでは、3年間は同等であることがメーカーによって確認済みだ。

ただし、どちらも適正な環境に保管されていた場合という条件が付いている。

そう考えると保管さえしっかりしていれば製造日からスタッドレスなら2年、夏用タイヤなら3年は保管ができるということになる。

ここで気を付けたいのはあくまで製造日からであり、購入日からではないという点である。万が一にも古いタイヤを買ってしまうと、そうはいかなくなってしまう。

購入の際には必ず製造年月もチェックするように心がけよう。

使用時のチェックポイント

保管していたタイヤは使う前にチェックする必要がある。

新品タイヤの場合、劣化が酷いケースは少ないがしっかりと点検をおこないたい。

全体を良く見て、ひび割れがないことを確認しておこう。大きなひびでなく細かなものは、程度を見て判断しよう。

もし深さがなく、表面だけに見られ程度なら使用が可能である。

しかし深いひび割れがあって判断できない時には、そのまま使用したりせずに販売店に相談してみよう。

ひびの他にも、劣化や傷などの異常がないことが確認できたら、実際に装着して慣らし運転をおこなう。

方法は簡単で夏用タイヤは時速80キロ以下で100km、スタッドレスタイヤは時速60キロ以下で200kmほど走行すればOKだ。

こうすることでタイヤそのものが安定して、本来の性能を発揮してくれるのである。

新品のタイヤを保管するには、なるべく製造年月の新しいものを購入して、きちんと管理することが大切になる。

さらに今履いているタイヤの交換時期を把握しておくことで、買い時なのか、そうでないかの判断もしやすいだろう。

もし、格安で購入できるチャンスがあったら、これらの点をしっかりとチェックしてから決めるようにしていただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする