シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィルムカメラの保管で注意する点は?これだけは守りたい管理ポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代において、カメラと言えばデジタルカメラがほとんどを占めている。

しかしフィルムカメラは独特の色味などが楽しめることから、今なお多くの愛好家がいるのも事実である。

コレクションとしてビンテージもののカメラをいくつも持っている方もいるが、あなたはどのように保管されているだろうか?

今回はフィルムカメラの保管方法をメインに、メインテナンスや注意点についてお伝えしていきたい。

保管前にメインテナンスをする

カメラは使いっぱなしではきれいな写真を撮れなくなってしまう。

特にフィルムカメラは日頃からの手入れが大切になり、掃除を中心としたメインテナンスは欠かさずにおこないたい。

順番としてはまず外部の汚れや埃を取り除くことから始めよう。

溜まっている埃や砂などをブラシや綿棒を使ってきれいにするが、ダイヤルやファインダーなどもしっかりとおこなう。

この際、傷を付けないように軽くおこなうのがポイントで、細かなところはブロアーを利用すると便利だ。

埃や砂がきれいになったら、次は拭き掃除をして汚れを落としてあげよう。

クリーニングクロスを使って拭き掃除をおこなうが、強く擦り過ぎないように注意する。

どうしても落ちない汚れがあったら、固くしぼった濡れタオルで拭くと良い。この時、くれぐれも余分な水分を付けないようにしよう。

フィルムカメラに水分は大敵なので十分に気を付けていただきたい。

これでカメラの外部は完了だが、内部はあまり触らないほうが無難かもしれない。

フタを開けてみて気になる場合、自信がなかったらプロに依頼しよう。特にシャッター幕は傷付けてしまうときれいな写真が撮れなくなってしまう。

モルトプレーンやスクリーンの交換が必要になる場合があるが、定期的にオーバーホールをおこなってチェックするのが理想的だ。

保管の際の管理ポイントとは?

保管環境を確保する

大切なのは保管しておくための環境を整えておくことである。

そうしないとカメラが傷んでしまい、きれいな画像を残せなくなってしまうからだ。

特に高温高湿の場所には絶対に置いてはならない。その理由はカビが生えてしまうためである。

外部だけでなく内部にまで発生してしまうと、完全に除去するのが困難になる。

そうなると素人では手に負えないのでプロに依頼することになるが、その費用が高額でばかにならない。

少なくとも数万円の出費を覚悟しなければならないだろう。

そして温度差の少ない場所に保管することも大切である。

温度差が大きいと結露が起こる可能性が高く、もしカメラの内部で起こってしまうと故障の原因になる。

また直射日光に当たらないところを選ぶようにしたい。

カメラは屋外でも使うので太陽の日差しがあっても問題ないように思われるが、良く晴れた日には想像以上に高温になることある。

そのような環境の中に置いておくことは決して好ましいことではない。

さらに埃や砂といったものが入り込まない場所に置く。

さすがに屋外に放置する人はいないだろうが、無造作にその辺に置いておくことのないように気を付けたい。

収納方法を考える

フィルムカメラにとって、どのような収納をしておくのが良いのだろうか?

その方法としてドライボックスや防湿庫の中に入れておくことだ。

ドライボックスを利用すると湿気から守れるだけなく、埃や砂、あるいはゴミといったものからも守ってくれるメリットがある。

湿度計が付いていれば中の状態を確認しやすい。もし付いていないようならば、必ず用意しておきたい。

それに半透明のタイプを選べば、湿度計を中に入れておいても確認できるだろう。

あとは乾燥剤をいれて密閉することで、外部からの湿気をシャットアウトしてくれる。

湿度の目安としては40%~50%程度になるように管理しておきたい。乾燥剤の量を増減するなどして調整してみよう。

ただし問題が一つあり、ドライボックスは思うように湿度をコントロールできないことがある。

そのため、きっちりと管理したいなら防湿庫を使った方が確実である。

設定さえきちんとしておけば、湿度を自動で調整してくれる。その上、乾燥剤を交換する必要もない。

確かに値段はドライボックスよりも高い。しかし性能や管理のしやすさは、はるかに上回っているのは間違いない。

予算が許すのであれば、より確実な防湿庫をおすすめしたい。

また、ドライボックスや除湿庫を選ぶ時には、多少の余裕があった方が出し入れもしやすく使い勝手も良い。

フィルムカメラはデリケート

ご存じのようにフィルムカメラにもコンパトカメラや一眼レフ、あるいはレンジファインダーカメラなどさまざまな種類がある。

しかし共通して言えるのは、とてもデリケートであるという点だ。

同様ににフィルムもデリケートにできており、生き物と言われるほど繊細にできている。

そんなカメラを使って写真を撮るのだから、取り扱いにも注意しなければならないのは当然のことかもしれない。

だからといって怖がってしまうようでは楽しさが半減してしまい、良い写真を撮るのは無理というものだろう。

そうならないためには、正しい使い方を習慣付けておくのと同時に、正しい管理をすることが必要になる。

ビンテージ物に限らず、どんなフィルムカメラでも基本を守ってさえいれば長く使うことができるのだ。

今回ご紹介した内容を参考にしていただき確実に実行すれば、きっとすばらしいカメラライフを楽しめるはずである。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする