シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテナのトランクルームは使えない?屋外タイプのメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

トランクルームには、コンテナを利用して収納スペースとしているものがある。

おもに屋外型トランクルームとして使われているが、実際のところはどうなのか気になっていたりしないだろうか?

結論から言えば一般的な物置と同等と考えて良いが正しい理解も必要になる。

そこでメリットとデメリット、どんな点に注意すべきかをご紹介していくので参考にしていただきたい。

トランクルームにコンテナを使う理由

そもそも屋外型のトランクルームにコンテナを使うのは何故だろうか?

さまざまな理由があるが、どれもコンテナの特長を上手に利用している。

コンテナを使う理由

  • 十分な強度・耐久性がある
  • 大規模な改造は必要でない
  • 移動や設置が比較的し易い
  • コストを下げることが可能

まず、丈夫で十分な強度があり、長年使えることがあげられる。

これは海上コンテナとして、風雨や日光、そして海水にさらされながらも耐えてきたことを考えれば明らかだ。

強度に関しても驚異的で、実際に海上コンテナとして使われる際には10段近く積み上げることもある。

中身の入ったコンテナの重量が、大きなものでは20トン以上にもなることを考えれば、その強さが分かるはずだ。

また、トランクルームとして専用のものを作る必要がなく、大きな改造も施さずに保管環境を大幅に向上させられる。

移動や設置も敷地と作業スペースさえ確保できれば、比較的おこない易い状況にあるのも強みだ。

その結果、コストを抑えることが可能となっている。

これらのことから、屋外に設置するトランクルームとして利用するのに適していると言えるのである。

コンテナタイプのメリット・デメリット

使って得するメリット

屋外コンテナタイプのトランクルームにおけるメリットについて見てみよう。

屋内型との比較になるが、いくつかの面で優れているところがある。

  • 月々の利用料金が比較的安い
  • 敷地内まで車で乗り入れができる
  • 大きな荷物の出し入れがしやすい

月々の利用料金が割安となっているので、屋内型より借りやすいと言える。

利用料金は毎月支払うものなので、長期になるほどその差額が大きくなる。たとえ1,000円の違いでも、1年で12,000円も違うのだ。

もし、もっと大きな差額が生じて2年、3年と利用した場合を考えると、勿体ないのではないだろうか。

また、屋外に設置されているため、敷地内まで車の乗り入れができる。したがって荷物の出し入れも楽だ。

仮に大きな荷物や重い荷物があったとしても、車を出入口の前に停めたり、横づけすれば移動も最短距離で済んでしまう。

ただし、これは1階の場合であって、2階になると使い勝手は劣ってしまうのが欠点だ。

階段を上り下りしなければならないので、出し入れの際に負担になるかもしれない。

必ずあるデメリット

反対にデメリットもあるのは確かだ。

しかし、完璧なトランクルームなどないので、総合的に見て利用方法を検討してみよう。

  • 荷物が外気の影響を受けやすい
  • 立地的に不利になる傾向がある
  • 防犯カメラ等のセキュリティが弱い

屋外に設置されているので、どうしても外気の影響は受けやすい。断熱材が入っているタイプでも、外部との温度差は少ないのが現状だ。

空調がないため温度と湿度の管理もむずかしいので、季節によっては高温・多湿になることもあり得る。

そうなるとカビや錆、劣化が気になるところだ。

内装がない場合には鉄板がむき出しなので結露の心配がある、しかし、内装が施されていれば心配はいらないだろう。

また、立地的には郊外になる傾向がみられるので利便性は劣るかもしれない。

反面、ほとんどの施設で駐車スペースがあるので、車で荷物を運ぶには便利である。

セキュリティ面では誰もが敷地に入れるのと、防犯カメラの設置が少ないため、屋内型ほど高いとは言えない。

コンテナタイプを使う際の注意点!

トランクルームを選ぶ際に屋内型と屋外型のどちらを選ぶか迷うところでもある。

そんな時は保管する荷物と、保管期間によって判断するのが良いだろう。

屋外タイプでも保管できるものとしては、タイヤ、スキー板やサーフィンボード、バイクなどがあげられる。

基本的に屋外で使う物であればいけそうだ。

では、その他はダメかと言えばそうではない。それは短期間であれば、保管可能な物がたくさんあるからだ。

例えば引っ越し荷物の一時保管は、それほど長期間でないことが多い。荷物が傷む心配をするかもしれないが、あまり神経質にならなくて良いだろう。

時々は手入れや確認ができるのであれば、より安心して利用できる。

反対に絶対やってはいけないのが、長期間入れっ放しにすることだ。最低限、定期的に様子を見るようにしよう。

早めの対応が大切な荷物を守ってくれる。

屋内型と屋外型、どちらが正解とは言えない。

強いて言えば、屋内型のトランクルームの方が環境が良いということだ。

だからといってコンテナタイプが使えないわけではないので、くれぐれも誤解しないようにしていただきたい。

コンテナタイプで失敗しないためには? 

失敗を避けるにはコンテナタイプのメリットとデメリットをもう一度よく理解した上で選ぶようにしたい。

そうでないと借りてから「こんなはずじゃなかった・・・」といったことになりかねないので気を付けよう。

メリットである比較的安い月々の利用料金、敷地内まで車で乗り入れが可能、大きな荷物の出し入れがしやすいといった点は最大限に利用すべきだ。

しかし、これらにこだわらないのでれば、荷物に優しい屋内型トランクルームを利用した方が良いだろう。

また、デメリットである荷物が外気の影響を受けやすい、立地的に不利になる傾向がある、防犯カメラ等のセキュリティが弱い点も納得しておくべきである。

それには実際の出し入れをシミュレーションしてみると分りやすいので、作業をしているあなたを想像してみよう。

もし気になる点があったら、受け入れられる内容かどうか良く考えてから判断することをおすすめする。

トランクルームはあなたの荷物や保管期間、あるいは使い方によって選べば良いのである。

ただしメリットだけでなくデメリットがあるという点だけは、きちんと理解した上で選んでいただきたい。

Pocket

おすすめのトランクルーム

おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富である

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後のサポート体制が充実している

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意