シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームも賃料の前払いが必要?現状とその他にかかる費用とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何か物を買ったり、借りたりする時にお金を払うのは当然のことである。

トランクルームを借りる際も同様に費用が必要となるが、その代わりに荷物の保管スペースが提供されている。

今回はその費用の中でも、気になるであろう”賃料の前払い”について考えてみたい。

果たして本当に支払わなければいけないのか?そして他にもどのような費用が必要になるかチェックしていこう。

賃料の前払いが必要になる理由とは?

賃料と言えば思いつくのがアパートやマンション、そして貸店舗や事務所ではないだろうか。

これらを借りるには敷金や礼金、そして前払い金などといったものが必要になる。

それぞれの費用の目的は、オーナーや管理会社に余計な負担が掛からないようにするためとスムーズに契約内容を実行するための2つである。

しかし、法的には賃料の前払いが必要といった規定はどこにも見られない。

それどころか民法第614条で次のように決められている。

賃料は、動産、建物及び宅地については毎月末に、その他の土地については毎年末に、支払わなければならない。ただし、収穫の季節があるものについては、その季節の後に遅滞なく支払わなければならない。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/
lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089#2242

法律では毎月末に支払えば問題ないとされているが、実際にはそうなってはいないのである。

何故なら契約書の内容が優先されるため、前払いと書かれていれば、それに従わざるを得ないからだ。

これには”契約自由の原則”という決まりが関わっており、トランクルーム会社と利用者によって契約書の内容を決めたとされている。

つまり両者が納得した上で契約したのだから、支払いなさいということになる。

トランクルームも賃料の前払いが必要?

トランクルームもアパートなどと同様に、前払いがスタンダードになっているのは確かだ。

したがって一般的に賃料の支払いは前払いと考えておきたい。

確かにまだ使っていないのに、先にお金を払わなければいけないとなると抵抗を感じるかもしれない。

しかし契約で決まっていれば、従うのが決まりである。

前払いの金額はトランクルーム会社によって異なっているのが現状だ。

少なくとも翌月1ヶ月分を支払うようになっており、多い場合には3ヶ月分程度が必要となっている。

あくまでも前払い金でありムダになるわけではないので、あまり心配することもないだろう。

ただし気を付けたい前払いの欠点として、月の途中で解約してもお金が戻ってこないことだ。

例えば1ヶ月のうち、1日~10日までしか使わなかったとしても、残りの11日から月末までの分は返金されないので注意したい。

また、トランクルーム会社によっては賃料を長期間分前払いすると、割引してくれるところもある。

よくあるのが12ヶ月分をまとめて支払うことで、半月分とか1ヶ月分が無料になるといったケースだ。

お金を一度に払うのは大変かもしれないが、長期間利用することが明らかな場合にはお得なので検討しても良いだろう。

賃料以外に必要になるものとは何?

トランクルームを利用するには賃料(利用料)以外にも必要になるものがある。

それが初期費用であったり、管理費、保証金、共益費、更新料、解約料、保険料といった料金になる。

必要な費用についてはトランクルームで必要な費用とは?支払いを減らすためにすべきことも参考にしていただきたい。

しかしながら、ここで「そんなにお金を払うのか?」と疑問に思うのは早合点である。

実際にはトランクルーム会社によって支払う費用が決まっており、必ずしも全部を払うわけではない。

トランクルームを契約する際には、この点もしっかりとチェックしておきたいものである。

そうしないといざ契約となってから予算をオーバーしてしまうといったことが起こるかもしれない。

ただ、中には手数料が一切不要といったトランクルームもあるので検討してみてはいかがだろうか?

それがキュラーズであり、料金体系が明快で実にハッキリして分かり易い。

トランクルームを借りるための金額

トランクルームを借りようとした場合、一体いくら必要になるだろうか。

繰り返しになるが、そこには賃料(利用料金)以外にも初期費用などが必要になることはお伝えした。

そしてトランクルーム会社によって異なることもご理解いただけただろう。

正確にいくらとは言うのは難しいが、目安としては賃料の3ヶ月~3.5ヶ月ほどは必要になると考えておいてほしい。

ただし、これはあくまでも最初だけであり、後は毎月の利用料金のみの場合がほとんどである。

トランクルームで必要な費用をチェックする際には、単純に初期費用や賃料だけで比較してはいけない。

特に長期で借りることを考えているのなら、予定している期間での金額で考えるべきである。

数年になるのであれば、少なくても1年間に必要なお金で比べてみよう。

決して目先の金額だけを見ないようにして、トータルでいくらになるかをチェックしていただきたい。

そうすれば、大きな損をすることなく上手に利用できるはずである。

このページの終わりでもトランクルームを紹介しているので、比較検討してみることをおすすめしたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする