シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンジャケットの保管はこうする!傷めないための適正な管理方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンジャケットの暖かさは、着たことのあるあなたならご存じの通りだ。

冬の寒い時期には欠かすことのできない防寒着として大活躍してくれるが、オフシーズンには長期間保管されているのが現実である。

そんなダウンジャケットを翌シーズンも着るためには、どのように保管していけば良いのだろうか?

そこで今回は、日頃の手入れやオフシーズンの保管の仕方をご紹介していきたい。

手入れが悪いとダウンジャケットも傷む

寒い時にお世話になるダウンジャケットの手入れはどうされているだろうか?

何もしなくても良いかと言えば決してそうではない。

きちんと管理をすることが大切であり、こまめにメインテナンスをするように心がけたい。

これを怠ると生地だけでなく中身のダウンにも悪影響を及ぼし、早くダメにしてしまう原因になる。

例えば襟や袖口は汚れやすいが、そのままにしておいたらどうだろう。

次第にダウンにも汗や皮脂が浸み込んでしまい、臭いのもとになったりする。

その結果ダウンジャケットの寿命を縮めることになるので、それを防ぐためにも日頃から手入れをおこなう必要がある。

まず、着た後はていねいにブラッシングをおこない、埃などの汚れを落としておこう。

ブラシは柔らかい馬毛を選んでおけば、生地を傷める心配もいらないのでおすすめだ。

そしてなるべく肩先の厚いハンガーを使って、型崩れやダウンが潰れたりしないように保管しておこう。

もし汚れが目立つ場合には、タオルに水を付けて拭き取っておくようにする。

それでも落ちない場合には、水で薄めた専用洗剤かおしゃれ着用の洗剤をタオルに付けて汚れを落としてから、水を湿らせたタオルで洗剤分を拭き取れば良い。

後は風通しの良い日陰でしっかりと乾燥させれば完了である。

このようにダウンジャケットは日頃から少し手をかけるだけで、とても長持ちしてくれるものなのだ。

オフシーズンの正しい保管方法とは?

汚れを落としておく

シーズン中に活躍したダウンジャケットは収納前に汚れを落としておこう。

つまり”洗う”ことになるのだが、自宅で洗濯するかクリーニングに出すか、どちらかの方法を選択することになる。

どちらを選ぶかは次の2点がポイントになる。

ポイント

  • 自宅で洗えるか、クリーニングが必要かチェックする
  • 自分で洗う自信があるか無いかを判断する

ダウンジャケットを洗う前には必ず洗濯表示を確認しよう。

自宅で洗えないのであればクリーニングが必要になるが、うっかり洗ってしまうと取り返しのつかないことになるので注意する。

当然ながら水洗いができない場合には、必ずドライクリーニングで対応してもらおう。

仮に自宅でも洗えるものであっても、自信がなければ止めておいた方が無難である。

何回か経験していれば問題が起こることも少ないだろうが、初めてとなると失敗のリスクが高く自己責任になってしまう。

それにクリーニングであれば、しつこい汚れや臭いも落ちてきれいな状態で戻ってくるので安心できる。

もし、まだ自分で洗ったことがないようであれば、よく考えてから決めるようにしたい。

収納方法に注意する

きれいになったダウンジャケットは収納方法にも気を付けていただきたい。

最もやってはいけないのが、ギュウギュウ詰めにして長期保管しておくことである。その理由はシワになったり潰れてしまうからだ。

理想とすれば肩先の厚い(4cm以上がおすすめ)ハンガーを使って収納しておきたい。

そして、できるだけ空気が流れるようにゆったりした状態で収納するのがが望ましい。

ただ、どうしても場所をとるので邪魔に思えるかもしれないので、そんな時は畳んで収納することも考えよう。

この際の注意点として、圧縮袋や収納ボックスに詰め込むのは避けるようにしたい。そうしないと元通りにふっくらとした状態に戻らなくなる可能性があるからだ。

そして次のシーズンまでそのままにしないで、一度は取り出してチェックをおこない、風通しの良い日陰で虫干しすれば良いだろう。

保管環境を整える

ダウンジャケットの場合、どうしてもオフシーズンの方が長くなってしまう。

そのため保管環境には気を付けたいものである。

特に虫食いやカビは油断していると被害に遭いやすいため、事前に対策をしておけば安心できる。

衣替えの際には必ずクリーニングをしたり、洗濯をしてきれいにしておかないと、皮脂などの汚れが害虫の餌になってしまう。

きれい洗っておけば、それほど心配しなくても大丈夫だが、念のため収納時には防虫剤を一緒に入れておこう。

また、洗濯後の乾燥が不十分だとカビが生えやすいので完全に乾燥させよう。

クリーニング時に掛かっているビニール袋もそのままにしておくと、湿気が溜まりやすいので不織布のカバーを使おう。

そして除湿剤を使って湿気を取るように心がけたい。

ダウンジャケットの保管に困ったら?

ダウンジャケットはかさばるだけに、他の衣類よりも保管場所が必要になる。

したがって自宅では収納しきれないといったことが起きてしまう。

そんな時には、自宅以外で保管スペースを確保することを考えてはいかがだろうか?

その一つとしてトランクルームを使えば簡単に解決でき、ダウンジャケットだけでなく他の衣類すべてを収納することが可能だ。

特に冬の衣類は厚手のものが多く、片付けるのが大変なケースが多い。

ましてや家族全員の分となると結構なスペースが必要になるが、トランクルームなら広さが豊富にそろっている。

選択に困ったらトランクルームのサイズを選ぶ方法!ピッタリとゆったり2つの考え方も参考に選ぶと良いだろう。

空調が完備されているタイプであれば温度や湿度が安定しているため、外気の影響も受け難いという長所がある。

特に梅雨時のジメジメした季節には強い味方になってくれるのでありがたい存在だ。

本ページでも最後にご紹介しているので、保管場所に困っていたら検討してみることをおすすめしたい。

シーズン前にチェックしておくこと

半年以上の長期保管となるので、シーズン前のチェックを怠らないようにしたい。

ではどんなことをすれば良いかとなるが、最も大切なことはダウン独特のフワフワ感があるかどうかをチェックすることだ。

特に畳んで収納していると潰れてしまうことが少なくない。

これを復活させるには、いかに多くの空気を含ませるかが重要になってくる。

もし潰れていたら、コインランドリーにあるような大き目の乾燥機に入れて乾燥させることでボリュームが戻ってくることがあるので試していただきたい。

この時ドライヤーボールを一緒に入れるとより効果的だ。

そしてカビや虫食いについてもチェックしておきたい。

カビが生えていたなら洗ってきれいにするしかないが、自分で洗う自信がなかったり、自宅で洗えないものの場合にはクリーニングをおこなうしかない。

虫食いは自分で直すのなら、補修用シートを使うのが最も手っ取り早いので試していただきたい。

近い色のものがあれば良いが、なければ透明タイプを使っても良いだろう。

しかし、よりきれいに直したければプロにお願いするのが一番だが、費用もかかるので検討してから決めてほしい。

ダウンジャケットがあると寒い冬も暖かく過ごすことができるため、傷めないように大切に着たいものだ。

それには日頃からの手入れと、オフシーズンの管理をきちんとしておく必要があることを再認識しなければならない。

今からでも良いのでしっかりと収納して、来シーズンも着られるようにしておきたいものである。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする