シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ズボンの保管に最適な方法とは?傷めない・シワにならない収納のすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ズボンと一口にいってもデニムやチノパンツ、カーゴパンツなどたくさんの種類があるため、本数も増えてしまいがちである。

そうなると上手に保管しておかないと、収納しきれないといった問題が起こりやすい。

また、数が多いからといって乱暴に扱ったりすると傷める原因にもなるが、あなたはどのように保管されているだろうか?

そこで今回は、たくさんあるズボンを傷めない、シワにしないでコンパクトに収納する方法について見ていきたい。

ズボンを収納する前にやるべきこと

ズボンを収納する前にはやるべきことがあるので注意していただきたい。

これを怠ると汚れの元になるばかりでなく、傷める原因にもなってしまうので必ず実行しよう。

  • ブラッシングをする
  • 陰干しをおこなう
  • ポケットを空にする

一度履いたズボンは見た目以上に汚れがついていることがある。特に外出すると埃やゴミといったものが付着しているのだ。

これをそのままにしておくと、クローゼットやタンスの中が汚れるだけでなく、虫食いの原因になってしまう。

したがって必ずブラッシングをすることを忘れないでいただきたい。

そして湿気を取り除くことが大切になるが、スラックスなど湿気がこもりやすい素材の場合はカビやシミ、あるいは臭いの発生につながるので気をつけてほしい。

やり方はとても簡単で、風通しの良い室内で半日程度陰干しするだけである。

できれば履く度に洗ってしまうのが理想的だが、デリケートな素材は洗い過ぎると生地を傷めてしまうため、数回に一度の割合で洗濯するといったケースが多いのではないだろうか。

もちろん丈夫なデニムなどは、履く度に洗って汗や皮脂を落としておこう。

また、収納の際にはポケットの中身を出して空にしておく。そうしないと保管している間に型崩れしたりシワになってしまうことがあるからだ。

いざ履こうとしたらヨレヨレになっていたということのないように注意していただきたい。

保管はハンガー?それともたたむ?

収納方法としては大きく分けてハンガーにかける方法と、たたんでおく方法がある。

それぞれメリットデメリットがあるので理解しておき、状況によって使い分けるのが良いだろう。

ハンガーで収納する

ハンガーを利用するとシワになりにくく、スッキリと収納出来るという大きなメリットがある。

整然と並べることができるので、一目で全体を見れるので選びやすく、探す手間が省けるのもありがたい。

また、ハンガーにかけておくと出し入れがしやすいのも事実だ。

デメリットとしてはズボンの本数が多くなると収納がかさばる点ではないだろうか。それに数が増えればハンガーもたくさん必要なってしまう。

ズボンに使うハンガーは何でも良いというわけではない。できれば専用の物を使うことをおすすめする。

その理由だが、落下しにくくシワになりにくいからである。

ハンガーはかけ方によってクリップタイプとバータイプがあり、クリップタイプはズボンが伸びた状態で保管できるもののクリップの跡がつくことがある。しかし、中にはハンガーの幅全体で挟み込むタイプもあり跡が付きにくい。

一方のバータイプは滑り落ちる可能性があるので、掛ける時はバランスに気を付けよう。

たたんで収納する

たたむ場合のメリットとしてはコンパクトに収納できる点があげられる。

その反面シワになりやすいため、デリケートなズボンには向いていないと言えそうだ。

雑に扱うとシワになってしまって履けないといったことになりかねない。そのため丁寧な扱いを心がけるようにしなければならない。

基本的なたたみ方は次の通りなのでおさらいしておこう。

  1. 両脚を縦に重ねて半分に折る
  2. お尻の出っ張りを内側に折る
  3. 裾から腰までを半分に折る
  4. さらに半分に折ったら完成

たたむ時はシワを伸ばすようにしながらがおこなうのがポイントになるので、くちゃくちゃにならないように注意しよう。

コンパクトに収納するにはたたんだズボンを立てて入れるのが効果的で、丸めてしまっておくのも良い。

特に厚みのあるデニムなどはシワになりにくいため、縦に折った後ウェスト側から丸めてしまえばOKだ。

ただしスラックス(スーツのズボン)はシワに弱いので丸めるのは厳禁である。ハンガーにかけておくのが理想だが、もしたたむのであれば三つ折り程度にとどめおこう。

傷めないための保管中の注意点は?

大切なズボンを傷めずに保管するには、いくつかのポイントがあるので注意が必要になる。

まず、詰め過ぎると出し入れの度に擦れたりするのて傷みやすくなってしまう。それにシワになったりつぶれやすい。

特にウールなどのデリケートな素材は気を付けていただきたい。

そして閉め切ったクローゼットやタンスは湿気が溜まりやすくカビの原因になるため、必要に応じて除湿剤を使うと安心である。

定期的に換気をして湿気を取ったり、虫干しをおこなうのも効果的だ。

また虫食いも気になるので防虫剤で対策しておきたい。特に長期保管になった場合は油断しないようにしたい。

出し入れのことも考えた収納をする

収納方法が悪いと出し入れが大変になってしまうので、考えながら片付けるようにしたい。

パッと見て何がどこにあるのか、そしてすぐに取り出せる並びになっているかといった点に的を絞っておくと良いだろう。

ハンガーで収納する場合は比較的簡単にこれらの点をクリアーできているが、問題はたたんで収納した場合だ。

その対策として立て置きで並べるようにすると、重さによるダメージも防げるのでおすすめである。

こうすれば履きたいズボンを探すのが楽になり、わざわざ下の方から引っ張り出すといったこともなくなる。

立てて入れる場合は丁度に入っていないと崩れやすいが、ブックスタンドを利用すれば簡単に解決できるので是非とも試してほしい。

ズボンの保管は基本さえ守っていれば決して難しいものではない。

しかし、それを疎かにすると一気に使い難いものになってしまうので十分に気を付けていただきたい。

反対にしっかりと守っていれば、ストレスなく使いやすいのも事実である。

この機会にもう一度見直して、あなた好みの収納にしてみてはいかがだろうか。

Pocket

おすすめのトランクルーム

おすすめのトランクルームはこちら!

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富である

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後のサポート体制が充実している

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする