シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームに段ボールを使う!特徴を活かして収納に役立てる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの周りを見回していただくと、段ボールの1つや2つはあるかもしれない。

19世紀にイギリスで開発された段ボールは、箱やシートなど様々な形で存在するが、梱包に限らず多くの場面で使われている。

もちろん収納する際にも用いられており、欠かすことができない存在でもあるのだ。

そんな段ボールを利用するに当たって、トランクルームで活用していくためのヒントについて考えてみたい。

収納に段ボールを使う利点と欠点とは?

段ボールならではの利点

最大の利点は軽くて丈夫な点ではないだろうか。

さらに簡単に手に入れることができ、価格もそれほど高くないので重宝することが多い。

大きさも豊富にそろっており、あなたが欲しいと思っているサイズもすぐに見つけられるはずだ。

品物に合わせて大きさを選んだり、使い方によって手頃な寸法に切ったりもできる。

段ボール箱を利用すれば荷物も整理しやすい。サイズも自由に選択できる上、分別もしやすくなる。

箱自体が軽いので持ち運びにも影響せず、移動も楽にできる。

上手に使えば、それこそ何年も使い続けられるほどの耐久性がある。想像以上にタフな一面があると言える。

何とも使い勝手の良いものではないだろうか。

古くなって使えなくなってもリサイクルが可能であり、ただ廃棄されることが無い。

思い掛けない欠点もある

そんな段ボールにも欠点があることを知っておいていただきたい。

当たり前のことだが、基本的に紙で出来ているが故に水には弱いことだ。

したがって湿気のあるところに長期保管した場合には、湿気を吸って破れたりつぶれてしまうことがある。

また、段ボールからは微量だが腐食性のガスが発生しているとされる。そのため電気製品の長期保管には向かない。

硫黄系ガスによって腐食が進むので、金属に錆を発生させる原因となる。したがって金属と直接触れないように、防錆紙で包んであげると良い。

ダニなどの虫の発生にも注意したい。温度や湿度が適度に保たれた状態になっているため、長期保管には適さない荷物もある。

特に通気性の悪さや埃は悪影響を与えるので、保湿性や保温性がある衣類をいれるのは避けた方が無難だ。

どうしても使いたい場合には、短期の利用に留めて防虫剤も使用しておこう。

段ボール箱の入る数で広さを確認する

段ボール箱はさまざまなサイズが用意されている。

160サイズとか140サイズといった表現をしているのをご存じだろうか?

長さ+幅+高さの合計をセンチメートル(cm)で表しているのだがイメージしにくい。

そこで目安として良く出てくるのがミカン箱だ。

おおよそだが、長さ38cm×幅30cm×高さ24cmといった大きさとなり、80サイズ~100サイズといったところだ。

約30ℓの容量がある。

このミカン箱サイズの段ボール箱を使ったとして、1帖のトランクルームで約50個入るスペースがある。

これは平らに並べただけでなく、積み上げた状態での”体積”になるので間違わないようにしてほしい。

トランクルームは高さが2m近くあるため、体積で考えると意外と広いのだ。

したがって、せっかくあるこの高さを有効に利用すれば、相当な量の荷物を保管できる。

ただし、段ボールを積み上げるには限界があるので、棚やラックを利用して上手く収納したいものだ。

保管するならどちらのタイプを選ぶ?

自分で収納スペースを用意する

最も一般的なのがトランクルームを自分で借りて利用する方法だ。

それには荷物の量に合わせてサイズを選定したり、場所を決めていく必要がある。また出し入れのすべてを自分でおこなうのが基本である。

トランクルームには屋内タイプと屋外タイプがあるので、保管する荷物によって選ぶようにしたい。

屋内タイプは保管環境が良いので比較的デリケートな荷物に向いている。空調が備わった施設もあるが料金は高めである。

対して屋外タイプは外気の影響を受けやすいので、カビや錆に弱いものは向いていない。ただし料金は割安の設定だ。

どちらのタイプでも24時間利用できるところがほとんどで、いつでも好きな時間に出し入れが可能になっている。

急に必要になったり、夜間しか時間がとれない場合には便利である。

宅配タイプのサービスを利用する

宅配サービスとセットになったタイプのトランクルームがある。

ここでは、自分で荷物を運ぶ手間が一切かからないのが特徴である。

当然ながら保管するためのスペースで悩むこともなければ、自分で物件を探す必要もないのだ。

荷物を箱に入れて保管の依頼をするだけなので、至って簡単に済んでしまう。

出してもらう時も同様に出庫依頼をするだけで、どちらもウェブ画面で操作すればOKである。ただし、予約する形になるため直ぐには対応できない。

また、利用するにあたっては、段ボール箱毎に料金がかかることが多い。

その際に箱のサイズが指定されて自由に選べないタイプと、特別に指定されないタイプとに分かれる。

料金は会社によって差があるものの、1箱当たり300円台~500円程度となっている。

このサービスは荷物が少ない場合に向いていると言えそうだ。

その他にも箱代や引き取り・配送手数料などが必要になるため、契約前に良く確認していただきたい。

おすすめのトランクルーム
おすすめのトランクルーム

Quraz キュラーズ

 

キュラーズが多くの方に利用されているのには理由がある。

オリコン顧客満足度ランキングにおいて総合1位を獲得していることからも分かるように、”充実したサービス”が受けられるからだ。

あなたが得られるサービスは、明るく清潔なトランクルームが基本となって提供されている。

 敷金・礼金などが不要で初期費用が安い

 入館から館内までセキュリティが高い

 駐車場完備で24時間利用が可能

 見学が可能で即日から利用ができる

 館内は空調システムで温度と湿度を管理

 スタッフの定期的な清掃で館内は清潔

 

 

加瀬のレンタルボックス

 

加瀬倉庫

保有している物件は全国で1,300ヶ所、65,000室以上にもなり豊富にそろっている。

その中からトランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫と、あなたの目的に合ったタイプが自由に選べる。

契約もネットだけでOKなので簡単に済ますことが可能だ。早ければ当日から、遅くとも2日後からは利用ができる。

 全国規模で保有している物件が多い

 最短で契約当日からの利用が可能である

 契約の際に必要な書類が少なくて済む

 24時間・365日いつでも利用ができる

 収納スペースの種類が豊富にそろっている

 荷物が多い時に運搬サービスが使える

 

 

スペースプラス

 

最安値2,520円から借りることができるトランクルームが用意されている。

タイプも屋内型トランクルーム、屋外型コンテナトランク、そしてバイクコンテナが用意されている。

何よりも強力なキャンペーンを実施しており、最大で6ヶ月無料のものまであるから驚きだ。

 24時間・1年中いつでも利用が可能

 最短で契約した日から利用ができる

 契約後もサポート体制が充実していて安心

 スタッフによる定期的な巡回と清掃

 1ヶ月2,520円の格安料金から使える

 運転手付きのレンタルトラックを用意

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする